2024/05/03

輸入ビール「エッティンガー・ヴァイス」

Img_7643

このビールは、Oettinger Weissbier(エッティンガー・ヴァイス)といい、1731年創業のドイツで広く愛飲されているブランドです。

特長は無ろ過酵母入りの白にごりビールであること。

フルーティで上面発酵によるまろやかな香りでアルコール度数は4.9%と、普段飲む恵比寿ビールのような濃い目のコクのある味わい
に比べるとやや軽めの飲みごたえです。

それでも、水代わりのようにあくまでも軽いクアーズやミラーのようなアメリカンビールとも違い、ベルギービールやボタニカルの香りを付けたクラフトビールを軽めにしたような独特の美味さがあります。

チェーン展開しているリカーショップの「やまや」が独自に輸入販売しているので、先日関西方面に自家用車で出る機会があった時に店舗に立ち寄ってケース買いしてきました。

 

| | コメント (0)

2024/04/28

今年もベランダでの朝食が始まりました。

大阪に住んでいた頃から気温の暖かい季節はベランダで朝食を摂るのが習慣でした。

Img_7637Img_7640

その頃はマンションの2階に住んでいてベランダで沢山の植物を育てていたので、ベランダでの朝食はまるでキャンプ場の木陰で摂っているかのような開放感が素敵でした。

Img_7639_20240428090201 Img_7638

 

花の綺麗な観葉植物やハーブ類に実の生るブルーベリーやブラックベリーなどの多年草の他に、1年草の草花や青紫蘇にバジルなどの香草も育てて食卓に添えていました。

毎日の管理は大変でしたがそれもまた楽しみのひとつでした。

2021年に移住した今のマンションの部屋は14階にあり、風が強く吹くと背の高い鉢植え類が転倒すると危険なため、ほとんどの植物は大阪時代の友人に引き取って貰うか処分してしまい、今は数少ないプランターで少しだけ草花やハーブを育てています。

Img_7636 Img_7635

それでも地方都市ゆえに遮るもののない眺望は素晴らしく、風の弱い日はベランダでの朝食が楽しみです。

| | コメント (0)

2024/04/19

今年も扇風機を組み立てました

4月になるとあっという間に気温がうなぎのぼりに高くなって、各地で夏日やら真夏日!まで出現するこの頃。

昔なら5月の大型連休を過ぎる頃までは、新緑の中瑞々しく爽やかな風が吹き抜けるのを心地よく思える春本番の季節だったのですが、今やそのような春とか秋という季節そのものが、絶滅危惧種の動植物と同様にこの日本から消え去ってしまうのでは?と先々が恐ろしくさえ思えます。

地球温暖化の悪影響は極端な気象状況が常態化することだと今更ながら思い知らされますね。

それに輪をかけるように、大陸の大気汚染物質PM2.5や遥か西域黄河上流域の乾燥した土漠から舞い上がる黄砂が、最近では頻繁に日本列島まで飛来して大気汚染を引き起こしています。

日本国内でいくら大気汚染を防ぐ環境対策を取っていても、まるで50年前の日本と同じような悪化した大気に覆われてしまっています。

Img_7598 Img_7599

おかげで、都会の人混みと喧騒から離れて空気が綺麗で自然が豊かな故郷に移住したのに、大陸により近くなったおかげでPM2.5や黄砂の影響をより実感することになりました。

ここ数日間飛来し続けている黄砂の影響で遠くの風景が今日もこのように霞んでしまい、呼吸器系の疾患を抱える人なら体調の悪化を懸念されるほどです。

Img_7601

本来なら、この季節は窓を開けて爽やかな瑞々しい空気を室内に取り入れるのですが、こんな状態で窓を開けると室内に黄砂を撒き散らすことになるので、窓はしっかり閉め切り換気口に静電フィルターを取り付けて防御する必要があります。

取り付け当初は真っ白だったフィルターも、1年経つとPM2.5や黄砂が付着して変色しているのが判りますね。

Img_7594

締め切った室内の空気を動かして循環させ快適な環境をつくろうと、例年より早いですが扇風機を組み立てました。

微風でも室内の空気が動いていると快適に過ごすことが出来ますね。

| | コメント (0)

2024/04/11

ベランダのビオラも今が満開です。

今日は日中20℃超えて自転車で走っていて暑く感じます。

Img_7564
昨秋に定植して楽しんできたビオラ6株ですが、この冬1度も摘芯刈り戻しすることもなく春を迎えています。

Img_7565
大体2月終わり頃には徒長して姿が悪くなり、摘芯刈り戻しして姿を整えるのですがね?

Img_7566
刈り戻しするとひと月近く花を楽しめないのにこの冬はどうしたんだろう?と訳を考えていました。


苗そのものはジュンテンドーの1株100円もしない安いものですが、定植した時期が11月末頃でやや遅く既に気温が低めだったこと位しか思い当たりません。

でも、月1度の追肥以外は3〜4日おきの灌水だけで花殻を時折取り除く程度の世話しかしてないのに、健気に咲き続けているビオラには感謝しかありません。

Img_7567

ビオラ以外にも、路端で咲いていた可憐なスミレを定植した鉢にもたくさんの花が。

今月いっぱい持ってくれると嬉しいですね。

| | コメント (0)

2024/03/12

大人の遠足2 青雲荘同級生出雲ツアー

大学時代の4年間を同じ下宿で過ごした同級生たちと、4年に1度集まって旅行をするようになったのは、もう30年位前になります。

下宿屋さんの名前は「青雲荘」

木造2階建て、個室は全て洋室でフローリングの床に造り付けのベッドにクローゼットがあり、トイレやキッチン、お風呂が共同設備でしたが、随分モダンなつくりでした。

大家さん曰く「戦後に進駐軍の将校クラスの宿舎として建てたものだからハイカラだよー」ということで、20部屋はあったでしょうか。

学部や専攻が違うけど同じ大学に入学した同級生は6人。

親元を離れて自活を始めたばかりの同級生はすぐに仲良くなり、自炊や麻雀、音楽聴いたり酒を飲みながら雑談したり、何かあれば誰かの部屋に集まって過ごすのは卒業まで続きました。

卒業就職後それぞれ家庭を持ったり転勤で住所が変わってもそれぞれが連絡を欠かさずにいましたが、再び集まるようになったのは6人の内1人が病死したのが切っ掛けでした。

その友人のご家族から連絡をいただいたので皆で一周忌のお参りに行くことになりました。

どうせ集まるのなら旅館に泊まって旧交をあたためようとなり、集まった5人で琵琶湖湖畔にある温泉宿に泊まり、夜は下宿時代のように酒を飲んだり麻雀したりと青春時代そのままの楽しいひとときを過ごしました。

その後は4年に1度の閏年のオリンピックイヤーにホストを決めて1泊2日の日程で集まるようになり、今までに伊豆下田ツアー、熊野古道から龍神温泉、高野山ツアー、城崎温泉から天橋立ツアー、福知山市の由良川添いにある同級生のログハウスを拠点に舞鶴や大江山雲海ツアーなどなど。


そして今年は小生が出雲に移住したのでホスト役を務めました。

Img_7461

他のメンバー4人は千葉、京都、大阪、和歌山と住まいはバラバラですから、飛行機で出雲入りするメンバーを小生がピックアップし、京都、和歌山のメンバーは自家用車で出雲入りし追加オプションで旅行を続けるということでした。

初日は昼前に出雲空港でピックアップ後に宍道湖北岸を松江城方面に。

途中にある宍道湖産天然鰻を食べさせる鰻屋「福吉」で、自家用車メンバーと合流して鰻重で昼食。

天然鰻は予約なしでは食べられませんでしたが、養殖鰻とはいえ宍道湖の水で蓄養された関西風の焼きが美味しくいただけました。

当日は久しぶりに寒波が来てみぞれ混じりの雪が降っていたので、早めに高原にある温泉宿に行こう!ということになり、松江城は車の中から天守閣を仰ぎ見るだけにし、松江インターから山陰道を出雲まで、そこから島根県最高峰の三瓶山南麓にある「国民宿舎さんべ荘」に向かいました。

出雲平野は霙でも三瓶山麓の高原エリアまで標高を上げると雪になっていましたが、道路の融雪設備がしっかりしていたので問題なく到着することができました。

Img_0923

Img_5613

源泉掛け流しの温泉で暖まり、料理長心尽くしの料理を堪能した後は部屋に戻って語らいのひととき。

Img_5597

翌朝も起床後朝風呂でサッパリしてから朝食を摂り、2日目の行程に出発しました。

三瓶山麓を降り30分少しで世界遺産の「石見銀山世界遺産センター」と江戸時代銀山で栄えた天領の「大森代官所跡周囲の町並」を見学しました。

江戸時代最盛期には年15トンもの銀を算出したそうで、展示も見応えのあるものでした。

大森代官所跡から昔ながらの街並みを散策したら、一路出雲大社を目指します。

2日目の昼食は出雲名物の割子蕎麦を、旧国鉄大社駅前に昔から営業している老舗「大梶蕎麦」で食べることに。

Img_5610

観光客をはじめ沢山の客が訪れる店ですが電話を入れておいたおかげかすんなり入ることが出来ました。

おすすめはもちろん昔ながらの割子蕎麦ですが、最近は蕎麦屋組合の共通メニューとなっている、3段の割子蕎麦の1段毎にトッピングが温泉卵、山芋とろろ、大根卸しが載っている三色蕎麦にベーシックの割子蕎麦1段を足した4段の割子蕎麦をいただきました。

お腹一杯になったら出雲大社へ。

腹ごなしに歩くにはちょうど良い暖かさでコートも無しで気持ち良い散策ができました。

Img_5604

こうして、古希を迎えた仲間たちとの4年に1度の大人の遠足も終わりを迎えました。

空港まで送る小生と、鳥取を抜け京都まで向かう組とは出雲大社駐車場でお別れしました。

次回は2028年ロスアンゼルスオリンピックの年に、京都府福知山市にある仲間のログハウスに集まって伊根の舟屋や大江山の雲海を眺めたり。

それまで4年間皆元気で!

| | コメント (0)

«大人の遠足「京丹後カニカニツアー」