2018/01/07

今年も金柑の甘露煮を作りました

1d1364c969a249698183f5dc40fe512a

毎年お正月に作るのが習慣だった金柑の甘露煮。
今年はなかなかまとまった量の金柑が手に入らず苦労しましたが、ようやく手に入れることができました。

600グラム入りを2パックで1.2Kgの金柑を仕込むことにしました。
6f8243063d43485394080f9227173526

先ずはヘタを取って水に浸して1時間程度置くと、皮から適度に水分が行き渡り、もぎたてに近い水分に戻ります。
19816578be58473e8e343fb57eb4b519

ナイフでひと粒ずつ丁寧に半切りして、爪楊枝の太い側を使って種を掘り出して綺麗にします。
この作業が一番大変ですね。
272a03b9fcfb4e46805e1a4c6e75d7af

土鍋に金柑を入れたら、焼酎を200cc、日本酒を100cc、水を100cc入れ、グラニュー糖を600グラム上から均等に回し掛け、不織布の落し蓋をしたら、弱火で温め始めます。
6b090a9fe8d348d98efae714f6bf3880

沸騰してきたらキッチンタイマーを30分にセットして、水分が飛び過ぎないように土鍋の蓋を半開きで載せておきます。
59d7ee17f1d34152b061faf8b1e999fb

30分したら落し蓋の下の金柑を箸で静かに撹拌して、金柑が均等に煮上がるようにして、再び落し蓋と土鍋の蓋を半開きに乗せて20分温めます。
8bb5fa8b9f694934bdca726d6409f8e4
金柑の皮が透き通ってきたら出来上がり。

ジャムの空き瓶に熱々の金柑とシロップを詰めたら一旦蓋を閉め、数分後に蓋を僅か二緩め、中の膨張した空気を逃したら蓋を閉めて逆さにします。

10分経ったら天地を元に戻すと、ジャムの蓋の中央が凹みます。
これで蓋の加熱殺菌もできたので、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて保管します。

今年は1200グラムの金柑で7本の甘露煮ができました。

| | コメント (0)

HAP-Z1ESの内蔵HDDを2TBに換装しました

2018年早々のオーディオネタとして、SONYのHDDプレーヤーHAP-Z1ESの内蔵HDDを2TBに容量を倍増させました。
2d306a6354fc41a1ae9aa7353dd870ed
FMエアチェックの音源も少しずつ増えてきたので1TBといえども安心していられません。
0d89929c331b491b92a12ec21ed4cde5
ネットで秋葉原の某店から発注した東芝製の15ミリ厚の2TBのHDDです。
ファイルウェブコミュニティの中で既に交換されたという記事を読んでいたので動作に不安はないのですが、開腹〜移植手術の腕前には自信がないので、慌てないようにHDD到着前にHAP-Z1ESのボンネットを開けて事前に手順を確認。

拙宅のは出川式電源を搭載してる他、CMCシートとアルミシートでHDDからのデジタルケーブルに対策を施した他は何もイジっていません。
3c78973eb3fd471ea0a0e83adfc3683d

HDDがゆうパックで届いたので、早速移植手術の開始です。
冷却ファンが取り付けられたHDDをマウントしているパーツをシャーシに固定している4本のネジを慎重に取り外します。

ファン動作用のケーブルを切らないよう慎重に取り出したらHDDのSATAケーブルを外し、最後にHDDを固定している4本のネジを外したらHDDが取り外せます。
F2c0b81dc9e74457b02a36f02902e970

今度は新しいHDDを逆の手順で慎重に取り付けていきます。

ネジ留めは緩みが出ないようにしっかりと。
9753dbae09dc4f169af92ff332108ef1

ボンネットを閉じて電源を入れるとエラーが発生したというメッセージが表示されますが、構わず設定画面から工場出荷状態に戻すを実行します。

Dbd3a89432a6429e8a000037d0a90e0d

10分程度で無事にHDDを認識しました。

後は、ネットワークのLAN設定を改めて設定すれば完了です。
62cd6caa0f4f4d9a83113572f90617fb

HDDにはサンプル音源のフォルダも元どおりにインストールされています。

PCを起動して、NASの方にバックアップしていた内蔵HDDの音楽ファイルを書き戻す作業を行なっています。

| | コメント (0)

2018/01/02

2018年の新年早々ユニコーンを壁際に横置き配置しました

5348147ceb824e3a90d9da79fa252852
皆さん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
お正月は車で実家に帰省してきましたが心配された年明けの寒波もなく、無事に戻ってきました。
帰宅早々の疲れた身体に鞭打って、いつ襲来するか判らない孫台風に備えて、ユニコーンを壁際に横置き配置にしました。

これが年末までの縦置き
9b612e28c466409daf35136c41131c8b

ちょうどユニコーンを壁際に縦列駐車させるように滑らせて移動します
DDDユニット中心で左右間隔225センチ、後ろの壁から46センチです。
縦置きでも十分出るようになった低音も壁際で更に増強されて聞こえますが、高音部も壁の反射が多く感じます。
リスニング位置からスピーカーが離れた分ボリュームを上げる必要がありますが、スピーカー間隔が広がった分スケールの大きい音楽が聞こえます。
心配された奥行きの立体感減少もそんなに気になるほどではなく安心しました。
横のダイニングテーブルで聞いても違和感なく聞こえるので、当面はこの配置で聞くことにします。

3828943cb3534b9f80d947b96e434521

| | コメント (3)

2017/12/29

第2回 German Physiks友の会に参加して

年末も押し迫る12月23日のことですが、GRFさんからのお誘いを受けて、横浜の山下公園近くにあるル・サロンを会場にして開かれた、第2回のGerman Physiks友の会に参加してきました。

今更ですがGerman Physiksは、ユニークな360度放射のDDDユニットを搭載したスピーカーを製造するドイツのオーディオメーカーです。
小生は、そのDDDユニットを搭載した一角獣のようなユニークな形をしたUnicornを使っている関係で、今回の会に参加することになりました。
83a69611e81048178bba19f240e6cec9

羽田空港からはリムジンバスで30分も経たないうちに会場のある山下公園前に降り立つことができとても便利なところにル・サロンはあります。

A3813824d09c4366802330bfecde714a

山下公園には氷川丸が係留されているのも見えますし、国際観光都市である港ヨコハマの絶好のロケーションですね。
2d43a8d4150e4cae82c64beb6eb70e02
時間もあったので先にホテルのチェックインを済ませてから会場に入ると、既に大勢の参加者の方々の談笑するざわめきが聞こえてきます。
43b69dd26e6d4ad0bd2c0d07a9b12ad7
主催者の話によると、今日は26名の方々がクリスマス前の忙しい時期にもかかわらず参加されたとのことですが、天井高の高い広々とした空間では、とてもそれだけの人数がいるとは思えないほどゆったりとした空間です。
34f9a425f7f042098bee97fc7dc42d13
サロンの中でいつもはグランドピアノが置かれてある場所に、今日の主役の一つ、DDDユニットのフルレンジスピーカーTroubadour40を載せたPSD社のウーファーのシステムが置かれていました。
DDDユニットをダブルスタックしたTroubadour80とPSD社のウーファーとの組み合わせは、GRFさんのお宅で何度も聞いたことがあります。

今回のシステムはそれよりも小型のシステムですから、日本の一般的な住宅事情ではより扱いやすいと思われますし、価格的にも他のハイエンドスピーカーの価格を考えればリーズナブルだと思います。
小生は何よりPSD社のスピーカーキャビネットの突板と塗装の仕上げの見事さに感心しました。

Fc7f7579100a4c95b9e6b3650c3ce0be

定刻の午後3時になり、ホスト役のGRFさんが司会進行を務められて会が始まりました。

26名の参加者のうちGerman Physiksのオーナーは9名とのことでしたが、その他の方々もSD05オーナーズミーティングでお会いした方を含めて、オーディオを通じてネットやオフ会でご存知の方も多かったです。
中には、ネットでは交流していた方と初めてお会いする方も何人かいらっしゃいましたが、すぐにうち解けて話に花が咲くので、とてもリラックスしたいい雰囲気の会でした。

9c26dfd2a5704cc0a706158a312a8183
第一部のオーディオを聴く会では、送り出しにはOPPO製UDP205というユニバーサルプレーヤーとPCからのハイレゾ音源の2種類を、オランダのオーディオブランドMolaMolaのプリアンプにつなぎ、Troubadour40を載せたPSD社のウーファーのシステムをSD05を2台使いにしたマルチアンプ駆動で行われました。

小生の聴く限りではCD再生の音も素晴らしくて、広いル・サロンの会場内がコンサートホールのような豊かな音響に包まれていたので、この小型?なシステムでも十分ではないかと思えました。
小生の使うユニコーンはシングルユニットによるフルレンジスピーカーですが、このシステムはウーファーを使っている効果がありますね。
また、小生の場合、ユニコーンの前に、同じTroubadour40をインフィニティのウーファー部と組み合わせて使っていた時期もありましたが、DDDユニットとウーファーの音のスピードにズレが出て違和感を感じた記憶があります。
しかし、PSD社のこのウーファーは径が18センチと小型の上に前後に取り付けられた特殊構造で、360度放射のDDDユニットとの繋がりもよく、低音部の音の遅れも気になりません。

E81a74d15da048a4bf06437c662323fe

ホスト役のGRFさんの司会進行で様々な音源が演奏されましたが、LPレコードをMolaMolaのフォノイコライザーを使って正確な音楽情報を取り出してDSDファイル化されたリサイタルのライブなどは、まるでいつも聴かされているテープ音源と遜色がないくらい素晴らしいものでした。

個人的には、カラヤンとBPOが初めて録音した第九の冒頭でコントラバスとチェロがユニゾンで奏でる主題のテーマの生々しさも良かったですが、キーシンが若い頃にカラヤンとBPOで録音したピアノコンチェルトのピアノの響きが、つい先日NHK-FMで放送されたリサイタルのピアノの響きと同じだったのには驚きを隠せませんでした。
これだけ演奏者の個性を正確に引き出せるオーディオシステムは、Germa Physiksのシステムの他にはそうないと今更ながら思いました。

Ccb405eb320842809b0748bb740a75f2
第2部では、サロンのオーナーである、横浜のMさんとその奥様がサロンのスタッフとともに、準備された素晴らしいワインの数々と料理を楽しみながら、この会に参加された同好の方々との楽しい語らい。
同じ音楽を愛し、オーディオを愛する、まさしくサロンの交流の場を楽しませていただきました。

3ee3103557d446f5a3dc398001086c82

会を準備されたGRFさん、横浜のMさん、そして参加された同好の方々、どうもありがとうございました。
076ead95ff6e48d78f34e3289d9c3f18

4192e7d74f774f2ea6a3d28b8bb7a124


| | コメント (1)

2017/12/17

初心に戻りユニコーンを縦配置に変更しました

久しぶりの日記になります。
この一年近くはコンサートに通う傍ら、FMエアチェックやBSプレミアムシアターにクラシック倶楽部、BPOデジタルコンサートホールなどでライブ音源を聴いて過ごしていました。

Af1fec52e8f944b48141d4847d8453d1

正月明けにユニコーンを45度配置にして以来は、ひたすらに聴き込んで配置の微調整をしていましたが、拙宅にきてそろそろ3年経つのに、GRFさん宅で聴こえるようなスケールの大きい低音が中々出てこない事には、内心悩んでいました。
GRFさんからも色々アドバイスいただいていましたが、正直なところGRFさんが使用されている特注の真空管パワーアンプとSONYのパワーDACチップを使ったSD05の差位しか思いつかない状態でした。
その事を正直にGRFさんに話したところ、SD05でもユニコーンは豊かな低音が出ているぞ!という御宣託がありました。

よくよく考えてみれば、浜松で拙宅と同じ頃にユニコーンを導入されたDr.Poohの御宅では、東和電子のナノコンポシリーズのデジタルアンプNANO-A12台をモノアンプ使いで、スケールの大きい音楽を聴かせていただいたのでした.

そこで、拙宅とGRFさん宅の何が違うのかですが、思い当たるのはラダーケーブルの多用しか有りません。
ラダーケーブルはインフィニティと200Vトランスを搭載したFASTアンプを使っていた頃に、最初はバイワイヤリングのSPケーブルから導入してみて、音楽に対する色付けのなさとガサついた歪み感を排除した透明感に感銘して、上流の送り出しからアンプに至るまでのラインケーブルから電源ケーブルまでをラダーケーブルに変更した程気に入っていました。
その後、SPをユニコーンに変えアンプもSD05に変えてからも最初からラダーケーブルを使い続けていましたが、それには何も疑問を感じることもありませんでした。

GRFさんからは、そのラダーケーブルの有無が違うだけなので、全てのラダーケーブルを全て機器に付属していた純正ケーブルに変え、スピーカーケーブルやラインケーブルもラダータイプ以外のに変えてみるようアドバイスを頂きました。
151d49982e2f4e2484a14c4c81a43ba9
そして、昨日GRFさんが拙宅に立ち寄っていただいた時に、同行されていたマイミクのCさんと共に実験したのです。
74ebc75a23f84cbb820c20daf8d8ea48
SPケーブルについてはGRFさんから予め送られていたトランスペアレント製のに付け替えていたのですが、その時は音質の変化が顕著ではなく特に効果があるとは感じていませんでしたが、最初はSD05の電源ケーブルをラダーケーブルから、アース線の浮いたタイプに付け替えました。

驚きました。
エネルギー溢れる低音が支えることで生気が漲る音楽が聞こえてきたのです。
その後は送り出し機器の電源ケーブルそしてラインケーブルまでを交換する毎に、その印象が増していくのでした。
Image
考えてみれば、SPを変えアンプを変えた時に、先ずは純正のままで聞き込んでみるべきだと反省しました。
ラダーケーブルが歪み感を取り去るように働く効果が、DDDユニットとSD05の組み合わせには、返ってエネルギーを損なうフィルターのように作用していたんだと考えています。
ラダーケーブルと言えども万能ではないということを改めて感じました。

さて、豊かな低音を得たいために45度配置にしていたユニコーンですが、こうなると、もう少し間隔を広げてスケールの大きい音楽表現を得たくなります。
そこで、GRFさん指導のもとで縦型配置にすることにしました。
最後の微調整はGRFさんのひと蹴りで決まりです。

GRFさんCさん、ありがとうございました。

| | コメント (2)

«C5