2017/10/21

C5

17053955451e41ea980fa6d84390ef59
2年前の11月に納車されたシトロエンC5ですが、それ以来月に一度の帰省で走行距離を伸ばし、この12月の車検の頃には18,000Kmにあと少しというところです。

納車時にガラスコーティングを施工したので撥水効果が素晴らしく、冬場の融雪剤を洗い流す以外殆ど洗車をしなくてもいいくらいです。

それでも、走行距離に応じて塗装に付着した鉄粉や汚れを除去して、再度のガラスコーティングをした方が、塗装の輝きが長持ちするというので、ディラーにお願いしてきました。

この写真は先週の蒜山高原PAで撮ったものです。

| | コメント (0)

2017/08/06

8月に入って

台風5号から吹く南風の影響で大阪は朝から猛暑です。
8月に入ると早朝散歩の緑道も少しずつ様子が変わってきています。
先ず太陽の昇る位置が随分南に移ってきたことが木陰のできる位置で判ります。
もう一つ、7月の梅雨明け直後からうるさく鳴いていたクマゼミが減りアブラゼミが勢力を拡げてきたこと。
それに、ふと上を見ると赤トンボが舞っているではないですか。
暑い暑いといいながらも秋は少しずつ近くに来ているのですね?

今朝は久しぶりにベランダでゆっくりと朝食をいただきました。
ベランダ栽培で収穫したてのバジルを散らしたサラダが美味しかったです。Image


Image_2


| | コメント (0)

2017/07/21

ベルリンフィル デジタルコンサートホールの年間視聴契約更新

Image
今年の秋から2017~2018年の新しいコンサートシーズンが始まるのにあわせて、我が家でもベルリンフィル デジタルコンサートホールの年間視聴契約を更新する時期が来ました。
そのタイミングでベルリンフィルかやのダイレクトメールが届き、年間視聴契約の10%割引のオファーがあったので、これ幸いに視聴契約を更新しました。

でもコレってベルリンフィルの術中にハマってますね(笑)


| | コメント (0)

2017/07/01

ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会(ザ・シンフォニーホール)

R0010931
7月に入り梅雨前線が北上して真夏日となった土曜日の昼過ぎ。
阪急中津駅から歩いて10分程、大阪グランフロント横にある梅田スカイビルにやって来た。
R0010930_2
今日は、ザ・シンフォニーホールで開催される、ミヒャエル・ザンデルリンク指揮、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の来日コンサート。

自宅からコンサート会場のあるザ・シンフォニーホールまでの道程を調べてみると、いつも行く西宮北口駅横の兵庫県立芸術文化センターだと駅からつながった回廊を歩いて直ぐだが、このザ・シンフォニーホールは場所が意外と不便で、グランフロントエリアが完全に再開発が終わればオフィスや商業エリアも整備され、そう遠い辺鄙な場所ではないと思うが、今はJR大阪駅、地下鉄梅田、阪急梅田、阪神梅田からだと、徒歩で15分、下手すると20分近くも歩くことになり、意外や阪急中津駅から徒歩が距離的には一番便利である。
R0010932
前回このホールに来たのは、2014年4月にマイミクのノンノンさんとコンサートに行った後は、カミさんの友人に誘われて大阪フロイデ合唱団のコンサートに出かけて以来である。
その後直ぐに色々有ったので、ここでのコンサートを意識的に避けて居たのかも知れないが、丸3年が過ぎて漸くここのコンサートチケットを購入したのだった。
R0010933
席はステージを横から見下ろす、所謂ロイヤルボックスの前列で、このホールでは平土間よりも音響的にも視覚的にも楽しめる座席である。

今日のプログラムはブラームスの交響曲第4番と第1番である。
ブラームスの1番は有名曲であり、来日公演でも多く取り上げられる曲であるが、4番の方は意外とコンサートで聴く機会が少ないと感じていた。
R0010934
偶々、先週はPACオケの定期演奏会でブラームスの4番を聴く機会があったので、若いアカデミーオーケストラの演奏と、ドイツの伝統あるドレスデンのオケとの違いを楽しみにしていた。

結論から言うと、プロ野球の2軍と1軍の違いであった。
個々の団員のテクニックの差はPAC団員が大きく劣っている訳ではないが、こと音楽性というか、音楽で聴衆を虜にする能力が格段に違うと感じた。
アンサンブルの緻密さ音色の豊かさ、色彩が遥かに豊かである。

驚いたことに前半の第4番から後半の第1番になると管楽器群が総入替えになりコンマスも交代すると、オケの音色の傾向がガラッと変わったことである。

ザンデルリンクの指揮は、知性的で抒情性に流されることもなく、かといって冷たいわけではない。
作曲家の意図を、それぞれの楽器を通じて聴衆に理解させる術を持っていると感じた。

トゥッティでもパワー全開ではなく僅かに抑制的な演奏であったが、これはホール空間がややコンパクトなこのホールに対応した為であろう。

演奏自体には大変満足したのであるが、唯一残念なのは聴衆の拍手マナーが無遠慮だったこと。
2曲ともフィナーレでタクトがまだ指揮者の頭上にあり、残響がホール内で消え入ろうとしている最中から拍手をするのは勘弁して欲しいと感じた。

| | コメント (2)

2017/05/28

ハープで聴くアランフェス協奏曲

Image_2
今日のPAC定期は、指揮者に下野竜也さん、ハープ独奏に吉野直子さんを迎えて、ロドリーゴのアランフェス協奏曲(ハープ独奏版)とブルックナー第六番でした。

アランフェス協奏曲といえばギターというのが定番ですから、今回のハープ版というのはどんな演奏になるのか、とても興味を持っていました。

吉野直子さんはロンドン生まれで6歳の頃からロスアンゼルスでハープを学び始め、ローマやイスラエルで開催されたハープコンクールでの入賞や優勝を経て世界の名だたるオーケストラに招かれている実力者です。

プログラムのインタビュー記事によれば、このアランフェス協奏曲のハープ版の楽譜を手に入れたのは1989年より少し前だそうです。

ギターの曲をハープで弾くというのは奏法が全く違うのでどんな演奏になるのだろうと思っていましたが、音量こそギターよりもやや小さいですが、両手の10本の指を総動員した演奏は優雅でそして力強く、弦から放たれる音が同心円状にホールに広がる様子が見えるようでした。

圧巻は2楽章のソロ。
ギターだとビブラートを多用した泣かせる旋律ですが、ハープは音程が弦ごとに分かれていますし基本ピチカート奏法しか使えないので、単調な演奏になるのかと思っていましたが、左右の指を総動員したトレモロが効果的で、とても素晴らしい演奏でした。

バックのオケは人数も少なめなうえやや音量を抑え気味の演奏でしたが、かえってスペインの明るくカラッとした空気を感じさせる演奏でした。

吉野直子さんのハープ演奏。
今度は小ホールでのリサイタルがあれは是非聴きたいですね。

| | コメント (0)

«SONY NAC-HD1のHDDを容量アップしてもらいました