2018/11/09

DDコンバータ WEISS INT204の自宅試聴

F1ac7c0dec2e401aaa8413d3e0092d69
先日の日曜日に、ある方からご好意でお借りすることができた、DDコンバータWEISS INT204を自宅試聴した感想を述べたいと思います。

そもそもの発端は、拙宅の再生環境はデジタルアンプのSD05への音源接続が、CDトランスポート、FMチューナー、TVデジタル音声出力がデジタル接続されているのに、唯一残っているアナログ接続のHAP-Z1ESをデジタル出力にすれば、SD05内のA/D変換を無くすことが出来て音質の改善に繋がるのでは?という考えからでした。

そして、その機能を備えるには、HAP-Z1ESのUSBデジタル出力をSD05の同軸デジタル入力に繋ぐためのDDコンバータが必要でした。

D3bb8c4b8cfe484199c367331fb591ea

ご存知のようにHAP-Z1ESを導入した経緯は、PCを使用することなく内蔵したHDDにPCM音源やDSD音源をアーカイブ出来る上に、再生のための操作性はオーディオ機器と同様に簡便であり、貴重な音源のバックアップも外付けHDDを利用出来て容易であったからです。

発売当初はZ1ES内部でD/A変換されたアナログ出力しかありませんでしたが、ファームウェアのアップデートによりUSBデジタル出力が可能になり、DSD5.6MHzの出力も可能になりました。
これにより昨今数多く発売されるようになったUSBデジタル入力とDSD再生機能を備えたDACやSACDプレーヤーとの連携が可能になりました。

しかしながら、DAC以降のアンプがアナログであればそれでいいのですが、拙宅のデジタルアンプSD05の能力を活かすには、アナログ入力では無くデジタル入力だと考えたのです。
2036a4c1842b4ff8996b6ec1672b0edc
前置きが長くなりましたが、HAP-Z1ESからのアナログ接続とINT204を介したデジタル接続を交互に行い、PCM音源とDSD音源の比較試聴を実施しました。

比較した音源のフォーマットは、WAV44.1/16、WAV48/24、ハイレゾ音源ではFLAC96/24、FLAC192/24といったPCM音源。DSDは今回お借りできたINT204の個体がDSD2.8MHz対応だっだのでDSD2.8MHzの音源を使いました。

D4f5af00d4a44033a995d84337dea1a2
その結果はとても興味深いものでした。
PCM音源はいずれもINT204経由のデジタル接続の方が、再生音のトランジェント特性が良くなったと感じ、個々の楽器の明瞭さや空間表現にも優れたものを感じました。
ただし、デジタル接続を聞いてから同じ音源をアナログ出力に切り替えて聞いても音が聞くに耐えないということはありませんでした。
2e16174ac9d542bb94bed627f566d32e

しかしながら、期待していたDSD2.8MHzの再生については、DGレーベルのヒラリーハーン、バッハVnコンチェルトやHAP-Z1ESのHDDにサンプル音源として入っている音源で聴いてみましたが、INT204でDSD2.8をPCM88.2/24にコンバートしたのと、HAP-Z1ESでDSDをアナログ出力したのをSD05を通して再生したのとでは聴感上大きな差として聞き取れません。

これはどういうことか?
小生が拙宅のシステムで聞く限りの判断ですが、Z1ES内蔵のDSDアナログ変換チップの性能がINT204内蔵のDSDアナログ変換と遜色ないからではないでしょうか、

一方でPCM音源の方は、Z1ESのアナログ出力ではPCMをDSD5.6MHzにアップコンバートしてからDSDアナログ変換したのをSD05ではまたA/D変換してからD/A変換しているのに対し、USBデジタル出力では素のままのPCMデータをINT204でを介してSD05にデジタル接続している分、データを変換する行程が少ない分好結果につながっているのではないでしょうか。

いずれにしろ、今回の試聴ではINT204がZ1ESを無事に接続可能であると確認出来たことは大きな成果でした。
また、Z1ESのUSB端子に外部電源付きのUSBハブを繋ぎ、外付けHDDとINT204を同時稼働させるテストでも、Z1ESの電源オン時に時折INT204を認識しなくなる症状が出ましたが、USBケーブルを抜き差しするだけで復旧し、念のため行った外付けHDD内のバックアップデータを直接再生出来たことも、特記事項として報告しておきます。

では、INT204のDSD5.6MHz対応のバージョンを即刻導入しますか?と問われると正直なところ悩みますね。
実際のところZ1ESのアナログ出力の音質が予想外に良かった事が確認されたからです。
PCM音源だけに限ればデジタル接続の効果が明らかにありましたが、DSD音源のデジタル接続の効果はそれ程でもないと感じました。

INT204はDDコンバータとしてはDSDも扱えますしとても優秀な機器だと思いますが、その分とても高価なものですし、本格的に導入するならばそれなりの出費を覚悟しなければなりません。

最近の欲しいものリストの中では、4Kチューナー内蔵の有機ELテレビの導入が、最優先事項に上がっていたので、順位を変更すべきかどうか、しばらくは悩むことでしょう。

54c20260f9964d56a4129431717bc8a3

| | コメント (0)

2018/08/19

布地で調音(その2)

Fc16f1417a564ca282401418347293ee
ユニコーンのセッティングの一環で、珪藻土の壁の反射の影響を緩和する必要性を感じていました。

A7d11b01103a4f03ac43222d2bf093d1
リビングオーディオなのでインテリアの調和を乱さない調音方法は無いのか?
そう考えていたら、このインテリアが目にとまりました。
拙宅では以前から季節に応じて布地を架け替えて楽しんでいました。

0895cb3be2cb4db4b7e921e4af196556


取り敢えずやってみようか!?と、お盆休みの間に布地屋さんにゴー!
取り敢えず調音効果を確かめるために少し厚めの布を探していました。


8eafb31d55d84ea3bc3037d0f0f63065


素材はリビングに合うように天然素材の綿か麻で。
そして見つけたのが特売品でお安かったタイの綿布でした。
ホームセンターで買った1メートルの竹竿を麻紐で吊し、布地を掛けてみました。

なかなかいい感じで調音効果がありますが、聴き込んでいくとやはりやや吸音過多な感じが気になります。
それに、このデザインもずっと見ていると圧迫感が気になりますね。

D97b856ea6834a5f858c34e8c2f33f29
今回買い求めたのは日本の木綿絣生地です。
細手の番手の綿糸でしっかりとした生地で、織り幅は1.5メートルありカーテン生地に使うようです。

布地屋さんに相談したら指定の幅にカットしてくれるとのことで、90センチ幅を2枚買い求め、今回は、竹竿を吊るす紐も目立つ麻紐から白い綿糸に交換しました。
気になる調音効果は、壁むき出しに比べてニュースのアナウンサーの声質がハイ上がりになってしまうこともなく、かといって、やや吸音し過ぎ?ということもありません。

71bb9f66802d4c18bd1902d3f0c51972
難点は、珪藻土の壁の色と近過ぎることと絣の織り地模様も離れて見ると無地にみえて、デザイン的にはまだまだ改良の余地があることです。

ともあれ、調音効果の方は満足いく結果でした。

00f80fdccd7748bd9b4956bcb895b42d

| | コメント (0)

2018/08/15

アジアン布地を試し掛け

44cba6de54cd40fbb10e01a853f58fcb
ユニコーンを横置き配置してから珪藻土の壁からの反射が気になっていましたが、リビングの壁に無粋な調音ボードなど付けるつもりもなく考えを巡らしていました。

A80f3d81cf0d45bdb5691454c6ddf21f

お盆休暇の最終日の本日、アイデアを基に布地屋さんにゴー!

色々物色していたらこのタイ製綿布に目がとまりました。
太い先染めの綿糸を横糸にしてやや細めの縦糸で編んだ、薄めのラグマットのような素材です。
幅も90センチで、メーター当たり800円のところがお盆特売で598円!!
3メートル買い求めて帰宅後に1.5メートル2枚にカットしました。

ホームセンターで買った1メートル長の竹竿を麻紐で天井から吊り下げたら、布を掛けて出来上がり。

92fc268ad79d48dd9c5bc895d0ae158f

今回は調音効果を試すためにやや厚めかな?と感じた布を使いましたが、音が死ぬこともなく効果は充分に有りました。

ただ、視覚的に布のサイズが大きいので、モノトーンとは言えども気になりますね。
もう少し壁面に溶け込むような色合いの布を探しましょうか?


| | コメント (2)

DIY用のチューブ入り漆喰

Ffd33172fe0c4fae803164b7b4e75c06
拙宅の室内の壁はリフォームの際に珪藻土の壁にしています。

近々室内のインターフォンが更新されることになり、取替え後の壁の補修用にDIYで使える少量のチューブ入り漆喰を買い求めました。

色合いはアイボリーホワイト。

本来は試し塗り用のものですが部分補修用にはこれくらいでちょうど良いですね。
チューブ入りなので開封後も一年近く使えるのも嬉しいです。

| | コメント (0)

2018/08/04

猛暑の中模様替えです

8b8e06aad50f4ac3aab264e1bb0ec1b2

テレビでは毎日のように命にかかわるような猛暑!!と呼びかけているこの頃ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

拙宅はといえば上下左右を隣宅に囲まれた鉄筋コンクリート構造の集合住宅の上に全ての窓を二重窓化した効果で断熱&遮音効果がハンパなく高まり、先日猛威をふるった逆走台風が通過した暴風雨の音も全く聞こえず爆睡しておりました。

さて、休日の今日も大阪は昼前には体温を超えるような暑さになり堪らずエアコンを入れて室内に避難。
さて?何をしよう??と考えて模様替えを断行!

以前からユニコーンを部屋の中で移動して楽しんでいましたが、先日底板にフエルトを貼って以来縦置き配置で低音域の出方が大幅に改善されて喜んでいました。
それ以来色んな音源を聴き直して楽しんでいましたが、その中でやや気になることがありました。

それは、部屋の構造上、右側SPの方が後ろの壁と右側の窓との反射の関係で低音域の出方が強くて左右のバランスが偏って聞こえることでした。
モノラル音源でも低音域が右側に寄るのは感じますし、BPOのデジタルコンサートホールを視聴していて、オケの配置が左手にコントラバスが有っても通常配置の右側コントラバス配置のように聞こえるのは??
6b2dbe1be5504d8e87e4bbbc3266def8
その解消には左側SPも同じように低音域が出るように、ユニコーンのバックロードホーンの開口部を後ろの壁に向ける横置き配置にすることでした。
[:image3:]
この配置はお正月に孫台風に備えて壁際に貼り付けるように置いた時の低音域の出方を参考にして、フエルト貼りで豊かになった低音域を考えて前に引き出した置き方です。

狙ったとおり左側SPからもコントラバスの低音域がバランスよく聞こえるようになりました。

8c1f3e972d5944f184c651d4702221e5

微調整の結果、今はDDDユニット中心から後ろの壁まで52センチ左右間隔は230センチですが、視覚的にもキャビネットの西洋ポプラの虎斑模様が綺麗に見えるようになりました。
6321d492aa9a4cf5aed83a33b238f32c

| | コメント (0)

«HRS-130に触発されてユニコーンにもフエルトを貼ってみました