« カルロスクライバー永眠 | トップページ | 韮崎・蓼科オーディオツアー »

2004/08/22

FMエアチェック

最近この言葉を余り聞かなくなってきたように思う。
小生が学生の頃はまだLPレコードの時代で、クラシックレーベルは2,500円から4,000円位したと記憶している。
当時は輸入版の方が高かったが、「原盤プレスの方が音が良い」という信仰もあり、欲しい演奏家のLPを小遣いを貯めて買いに行ったことを思い出す。

そういう時代だから、FM放送から流れる演奏会ライブ録音はまたとないチャンスであった。
当時はまだオープンリールデッキによるサンパチ2トラ録音が、アマチュア録音の最高峰であったが、小生は貧乏学生の身であったのでカセットデッキを使った録音。
それでも海外の演奏会を収録した放送は、LPレコードのマルチチャンネル録音よりも、ホールの臨場感があって大好きであった。

時は移り、小生の録音機材もカセットデッキから10年ちょっと前からは8ミリビデオデッキを使ったデジタル録音になり現在に至っているが、学生当時にエアチェック録音したカール・ベーム指揮ウィーンフィルの来日公演生中継などは、音質は今の基準からすればダイナミックレンジも低くテープノイズも多いけれど、小生にとっては宝物のようなものである。

しかし、最近はFMエアチェックなる言葉を余り聞かなくなってきたし、性能の良いFMチューナーの新製品など殆ど見かけなくなってきた。
音楽を聞き流し消費する時代なのかもしれないが、FMエアアチェック人口は、小生の潜在的なファンも含めて健在だと思う。
最近出てきたHDDにテレビを録画するシステムなどを使えば、簡単にエアチェックできると思うのだ。
この記事を読んだ何処かのオーディオメーカーが、TVチューナー以外にもFMチューナーも内蔵した機器を発売してくれないかな?

|

« カルロスクライバー永眠 | トップページ | 韮崎・蓼科オーディオツアー »

コメント

こんにちは
チョットFMエアチェックのことが気になり
ヤフーで検索するとここにきました

そうですよね
僕も昔はよくエアチェックしたものです
また初めてみようかと思い
キレイに録るにはどうすればいいのか
調べているところ
でーす

投稿: はまや | 2005/04/20 19:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41501/1251505

この記事へのトラックバック一覧です: FMエアチェック:

« カルロスクライバー永眠 | トップページ | 韮崎・蓼科オーディオツアー »