« アナログケーブル(カルダスCROSSLINK) | トップページ | 今日の一枚(バッハ/ゴルトベルク変奏曲BWV988) »

2006/08/20

アナログケーブル(SAEC SL-1990V2)

Saeccable1_1これは蒲田にお住まいのY氏からお借りしたSAEC SL-1990V2だ。

Y氏はデンマーク製DALIのフロアスピーカーを中心に、ヤマハCDR-HD1300をハードディスクトランスポートとし、プリアンプ内蔵D/AコンバーターODEON-AGを介してパワーアンプFAST-M300で構成されたシステムで、主にクラシック、JAZZを聴かれている。

DALIはリボンユニットが中高域を受け持つバイポーラタイプのスピーカーで、小生のインフィニテイRS2.5同様にリボン独特の音色が聴く人を魅了する。
そのためY氏と小生の目指す音づくりには共通項もあり、単身赴任である小生は参考にさせていただくことが多い。

そのY氏が以前使用していたこのSAEC SL-1990V2を、このお盆休みを利用してお借りしたので、大阪のシステムで試聴してみた。

オーディオクエストの代わりにプリとパワー間に接続して試聴を始めると、まず感じるのは高域に厚みと張りが出てくることだ。
女性ボーカルの声にややエコーがかかり、バイオリンや、ギターの弦の張りが硬くなったように感じる。
しかし、硬質ではある決してサ行がキツクなったりせずに、音のスピード感が増したように聴こえる。

小生にとっても好みの音質ではあるが、反面低域と高域のバランスがやや高域寄りになり、ベースや太鼓の低域に伸びがみられなくなったのには不満が残り、その点では、まだオーディオクエストの方が小生のシステムでは好みの音質となる。

|

« アナログケーブル(カルダスCROSSLINK) | トップページ | 今日の一枚(バッハ/ゴルトベルク変奏曲BWV988) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41501/11523252

この記事へのトラックバック一覧です: アナログケーブル(SAEC SL-1990V2):

« アナログケーブル(カルダスCROSSLINK) | トップページ | 今日の一枚(バッハ/ゴルトベルク変奏曲BWV988) »