« AET HCR LINE Type A / Monitor PC-807 RCAケーブル | トップページ | 本日の一枚(ラファウ・ブレハッチ / ショパン ピアノ協奏曲第一番ホ短調Op.11、ピアノ・ソナタ第三番ロ短調Op.58) »

2008/06/29

今日の一枚(ユンディ・リ / ショパン スケルツォ第1~4番、即興曲第1~3番、ポロネーズ第3番)

31mfkqd7e0l_sl500_aa240_

ショパン/スケルツォ、即興曲、ユンディ・リ(李雲迪 Yundi Li):ピアノユニバーサルミュージッククラシック

2000年ポーランドの首都ワルシャワ音楽院で開催された第14回ショパンコンクールで、あのブーニン以来15年ぶりの1位優勝で話題をさらったユンディ・リ(李雲迪:Yundi Li)は、1982年に中国重慶生まれの若手ピアニストだ。
早くからその才能を認められ、プロを目指して英才教育を受け、コンクールには中国文化省からの派遣で挑戦という略歴をみると、何だか技巧に長けてはいるが魅力に欠けるピアニストと思えるが、その先入観は見事に良い方に裏切られる。
その演奏スタイルは、エネルギッシュでピアノに対して果敢に立ち向かい、音色は太陽の日差しのもとで輝く水の流れのように透明で光輝いている。

このCDは、小生の自宅にほど近い北摂地域にお住まいのH川氏が小生宅に遊びに来た時に、聴かせていただいた一枚の中にあったが、スケルツォ第2番の出だしを聴いた瞬間に虜になってしまった。
偶々、翌日にNHK-BSハイビジョンで、2000年ショパンコンクールでのユンディ・リを中心としたドキュメンタリーと、小澤征爾の指揮でベルリンフィルと演奏したプロコフィエフのピアノ協奏曲 第2番リハーサル風景を観て、益々気になる存在となったユンディ・リの演奏は、これからも眼が離せない。

1. フレデリック・ショパン:スケルツォ 第1番 ロ短調 作品20
2. スケルツォ 第2番 変ロ短調 作品31
3. スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 作品39
4. スケルツォ 第4番 ホ長調 作品54
5. 即興曲 第1番 変イ長調 作品29
6. 即興曲 第2番 嬰ヘ長調 作品36
7. 即興曲 第3番 変ト長調 作品51
8. ポロネーズ 第3番 イ長調 作品40の1「軍隊」
9. 3つのエコセーズ 作品72の3


|

« AET HCR LINE Type A / Monitor PC-807 RCAケーブル | トップページ | 本日の一枚(ラファウ・ブレハッチ / ショパン ピアノ協奏曲第一番ホ短調Op.11、ピアノ・ソナタ第三番ロ短調Op.58) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41501/41685374

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の一枚(ユンディ・リ / ショパン スケルツォ第1~4番、即興曲第1~3番、ポロネーズ第3番):

« AET HCR LINE Type A / Monitor PC-807 RCAケーブル | トップページ | 本日の一枚(ラファウ・ブレハッチ / ショパン ピアノ協奏曲第一番ホ短調Op.11、ピアノ・ソナタ第三番ロ短調Op.58) »