« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/30

本日の一枚(チャイコフスキー作曲/バレエ組曲「白鳥の湖」

チャイコフスキー作曲、バレエ組曲「白鳥の湖」、小澤征爾指揮、ボストン交響楽団


チャイコフスキー作曲、バレエ組曲「白鳥の湖」、小澤征爾指揮、ボストン交響楽団

29年間指揮者を務めたボストン交響楽団と録音したバレエ音楽「スワンレイク」全曲。
ロシアの歌劇場付きのオーケストラが、どちらかといえば伝統的なゆったりとした優雅な演奏スタイルを守っているのに対し、小澤征爾のそれは、新世界のオケらしく革新的というか、ややハイテンポで明快な区切りをもった軽やかな演奏である。
純粋に音楽だけを楽しむとしたら、小澤の演奏はどんどん場面が変わる感じで聴きやすいが、オーケストラピットに入って、バレエの伴奏をこのテンポで演奏したとしたらどうだろうか。

一度観て見たいものだ。

ディスク:1
1. Introduction: Moderati assai - Allegro non troppo - Tempo I
2. Act 1: No. 1 Scene: Allegro giusto
3. Act 1: No. 2. Valse: Tempo di valse
4. Act 1: No. 3. Scene: Allegro moderato
5. Act 1: No. 4. Pas de trois: I. Intrada: Allegro
6. Act 1: No. 4. Pas de trois: II. Andante sostenuto
7. Act 1: No. 4. Pas de trois: III. Allegro simplice - Presto
8. Act 1: No. 4. Pas de trois: IV. Moderato
9. Act 1: No. 4. Pas de trois: V. Allegro
10. Act 1: No. 4. Pas de trois: VI. Coda: Allegro vivace
11. Act 1: No. 5. Pas de deux - I. Tempo di valse ma non troppo vivo, quasi moderato; II. Andante -Allegro
12. Act 1: No.5. Pas de deux: III. Tempo di valse
13. Act 1: No. 5. Pas de deux: IV. Coda: Allegro molto vivace
14. Act 1: No. 6. Pas d'action: Andantino quasi moderato - Allegro; No. 7. Sujet
15. Act 1: No. 8. Danse des coupes: Tempo di polacca
16. Act 1: No. 9. Finale: Sujet: Andante
17. Act 2: No. 10 - Scene: Moderato
18. Act 2: No. 11. Scene: Allegro moderato - Moderato - Allegro vivo
19. Act 2: No. 12. Scene: Allegro - Moderato assai quasi andante
20. Act 2: No. 13. Danses des cygnes: I. Tempo di valse
21. Act 2: No. 13. Danses des cygnes: II. Moderato assai
22. Act 2: No. 13. Danses des cygnes: III. Tempo di valse
23. Act 2: No. 13. Danses des cygnes: IV. Allegro

ディスク:2
1. Act 2 : No.13 Danses des cygnes : V. Pas d'action: Andante - Andante non troppo - Tempo I - Allegro
2. Act 2 : No.13 Danses des cygnes : VI. Tempo di valse
3. Act 2 : No.13 Danses des cygnes : VII. Coda: Allegro vivo
4. Act 2 : No. 14 Scene: Moderato
5. Act 3 : No. 15 Allegro giusto
6. Act 3 : No. 16 Danses du corps de ballet et des nains: Moderato assai - Allegro vivo
7. Act 3 : No. 17 Scene. Sortie des invites et valse: Allegro - Tempo di valse
8. Act 3 : No. 18 Scene: Allegro - Allegro giusto
9. Act 3 : No. 19 Pas de six. Intrada: Moderato assai
10. Act 3 : No. 19 Pas de six. Intrada: Moderato assai : Var. I: Allegro; Var. II: Andante con moto
11. Act 3 : No. 19 Pas de six. Intrada: Moderato assai : Var.III: Moderato; Var. IV: Allegro
12. Act 3 : No. 19 Pas de six. Intrada: Moderato assai : Var. V: Moderato - Allegro simplice; Coda: Allegro molto
13. Act 3 : No. 20 Danse hongroise. Czardas: Moderato assai - Allegro moderato - Vivace
14. Act 3 : No. 20a Danse russe: Moderato - Andante simplice - Allegro vivo - Presto
15. Act 3 : No. 21 Danse espagnole: Allegro non troppo (Tempo di bolero)
16. Act 3 : No. 22 Danse napolitaine: Allegro moderato - Andantino quasi moderato - Presto
17. Act 3 : No. 23 Mazurka: Tempo di mazurka
18. Act 3 : No. 24 Scene: Allegro - Valse - Allegro vivo
19. Act 4 : No. 25 Entr'acte: Moderato; No. 26 Scene: Allegro non troppo
20. Act 4 : No. 27 Danses des petits cygnes: Moderato
21. Act 4 : No. 28 Scene: Allegro agitato - Molto meno mosso - Allegro vivace
22. Act 4 : No. 29 Scene finale: Andante - Allegro agitato - Alla breve. Moderato e maestoso - Moderato


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/11/17

4年ぶりの同窓旅行

熊野古道

この週末に大学時代、同じ下宿で生活した同窓生達5名で、南紀は熊野に旅行に行って来ました。

入学時には7名居た同窓生ですが、同じ下宿で最後まで生活した6名の同窓生は、誰一人留年もせずに社会へ巣立って行きました。

そして20数年が過ぎ、その一人との死別を期に再び同窓生との絆を深めて、 4年に1度オリンピックイヤーに旅行をすること3度目の今年でした。

熊野速玉大社

今回は、「熊野古道体験ツアー」と称して、8Kmと短い距離ではありましたが、古くは奈良・平安時代からの巡礼の道程を歩き、 紀伊徳川藩主の命により開かれたという龍神温泉「上御殿」に宿泊して温泉で疲れを癒し、美味い料理に舌鼓を打ちました。

龍神温泉上御殿

翌日は真言宗の開祖弘法大師の廟がある霊場「高野山」 に参拝するという、年齢相応に精進するツアーでしたが、 そこは気の置けない同窓生の会話で盛り上がった、楽しい旅でした。

龍神スカイライン護摩壇山

次回は4年後のロンドンオリンピックの年、皆が元気な姿で再会できることが楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/12

宅飲雑記帳

今日の都内は曇り空で、昼前には一時雨が降る生憎の天気。

永らくWebサイトで継続更新していた「椀方の日本酒ワールド」 の1コンテンツである、「宅飲雑記帳」だったが、 日記ならBlogの方が更新が楽で良いというアドバイスもあり、実際タグの管理もしなくて良いし、 凝った構成ではない小生レベルのコンテンツなら、Blogで十分(^^ゞだという自覚もあったので、 ここらで楽な方に流されるのも良いかと思う。

ほぼ毎日の更新を続けてこられたのも、自炊と飲酒の記録をつけ続けることが、単身赴任の生活を規則正しく律することになり、 ひいては健康管理にも資するという高邁な理想も少しはあったのだが、最近の食生活を振り返るとメタボの道をまっしぐらの惨憺たる状態であり、 これでは人様に自信を持って単身赴任の内容を書き連ねることなど出来ない。

とうことで、椀方の日本酒ワールドのほうは当面更新しないことにします (^^;☆\(--;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/11/11

本日の一枚(ヴァイオリン・ソナタ、ホ短調/エルガー&フランク)

411h2cps4ql_sl500_aa240_

五嶋みどりのVn、ロバート・マクドナルドのピアノによる、エルガーとフランク作曲のヴァイオリンとピアノのためのソナタ

フランクのヴァイオリンソナタは有名だが、エルガーのそれは録音が少ない。

年齢を重ねる毎に、若さに任せた超絶技巧をひけらかすような演奏スタイルから、内省的な音楽表現に深みを増した感のある五嶋みどり。

イタリアの名器グァルネリが良い音で鳴っています。

1. エルガー:ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 作品82

 

2. フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/09

デジカメの買い替え

Panasonic FX37(原寸大)

長らく使っていたデジカメ、ついに寿命が来て動かなくなったので、買い替えを考えて色々思案した結果買ったのがこのPanasonic FX37

1000万画素のコンパクトデジカメでは1番人気で、主な仕様はこれであるが、 携帯電話とほぼ同サイズながら操作性もよく、大変扱いやすい。

某家電量販店では、20%ポイント還元で実質2万5千円を割る価格で手に入れることができたのは嬉しい限り。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/11/08

本日の一枚(モニカ・グロープ・アルトのためのソロカンタータ集/バッハ)

51e9ptkk6zl_ss400__2

ヨハン・
セバスチャン・バッハ作曲、アルトのためのソロカンタータ集
。レーベルはフィンランディア。

演奏は、モニカ・グロープ:メゾソプラノ、ホーカン・ヴィクマン:オブリガード・オルガン、ユハ・カンガス指揮、
オストロボスニア室内管弦楽団。1998年6月 クーヌピュユ教会での録音

北欧の歌姫が歌うバッハのカンタータは、宗教曲の枠をはみ出して魅惑的でさえある

カンタータ第170番「満ち足れる安らい、うれしき魂の喜びよ」BWV170
1 アリア:満ち足りた安らぎ、好ましい魂の喜びよ
2 レチタティーヴォ:罪の家であるこの世は
3 アリア:ねじ曲がった心が何と私をさいなむことでしょう
4 レチタティーヴォ:それならばいったい誰がこの世で生きることを
5 アリア:これ以上生きたくなどありません

カンタータ第35番「心も魂も乱れ惑わん」BWV35
6 シンフォニア
7 アリア:霊と魂は混乱してしまいます
8 レチタティーヴォ:私は驚いてしまいます
9 アリア:神はすべてをよくしてくださった
10 シンフォニア
11 レチタティーヴォ:ああ、強い神よ、私にいつもこのことを
12 アリア:私は望みます。神のもとで生きることを

カンタータ第169番「神にのみわが心を捧げん」BWV169
13 シンフォニア
14 アリオーソとレチタティーヴォ:神だけが私の心を捕らえますように
15 アリア:神だけが私の心を捕らえますように
16 レチタティーヴォ:神の愛とは何か?それは霊の安らぎ
17 アリア:私のなかで死ぬがいい。この世よ
18 レチタティーヴォ:しかしそのときにも心に留めなさい
19 コラール:甘き愛よ、私たちにあなたの好意を寄せてください


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »