« 季刊誌“Cycle”創刊号 | トップページ | コンセール21管弦楽団 第37回定期演奏会 »

2009/05/09

スーパーツィータ導入計画

Taketbatpro
これは、神奈川県藤沢に本拠を置くテイクティテクノロジー社が開発した高分子圧電ハイル型スーパーツィータのTAKET-BATPRO
詳細は、メーカーのWebサイトで説明されているように、普通のスピーカーとは音を出す原理がまったく違うユニークなもの。
Murataes105
これは、村田製作所が開発した、球形スピーカーのES105
詳細はメーカーのWebサイトで説明されているように、これも、TAKET同様、普通のスピーカーとは音を出す原理がまったく違うユニークなもの。

小生のSPシステムは、広域にリボンを使ったINFINITY RS-2.5であるが、どちらも相性も良いのではと思っている。
問題は価格であるが、TAKET-BATPROであれば、4万円台でオークションにはたまに出てくるし、新品でも6万円台であるが、村田製作所の球面スピーカーの価格は2~3倍するのが悩み(^_^;)
さてどうしようか?

|

« 季刊誌“Cycle”創刊号 | トップページ | コンセール21管弦楽団 第37回定期演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41501/44965471

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーツィータ導入計画:

« 季刊誌“Cycle”創刊号 | トップページ | コンセール21管弦楽団 第37回定期演奏会 »