« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/28

慶応義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラ第198回定期演奏会

20090628minatomiraihall今日は学生オケの演奏会に行ってきました。
20090628minatomiraihall1慶応義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラの第198回定期演奏会が、横浜市のみなとみらいホールで開催されたのです。
20090628minatomiraihall2指揮は川瀬賢太郎、曲目はチャイコフスキー作曲・幻想序曲「ハムレット」Op.67a、ラヴェル作曲・組曲「クープランの墓」、メインはドヴォルザーク作曲・交響曲第8番ト長調Op.88と名曲揃いです。
演奏レベルは・・・・・はっきり言って高いです。
首都圏の学生オケの殆どが、音楽大学卒業したプロに指揮と指導を委ねており、弦・菅ともにプロのトレーナーのもとで演奏技術を高めていますので、関西の学生オケとはレベルが違い過ぎます。
20090628minatomiraihall3学生オケとはいえ、歴史と伝統あるマンモス大学である慶応義塾ですから、今年も新入団員が50名も入ってきたとかで、余程演奏技術が高くない限り、全員がこの定期演奏会ステージに立てるわけではないところが、マンモスオケ団体の悩みかもしれませんね。
みなとみらいホールそのものは、パイプオルガンも備えた大規模ホールですが、音が抜けていくような感じがして音響はそんなに良くありません
それでも、学生らしい一途な情熱で一気に終曲まで雪崩込んでいく演奏のドライブ感が、とても爽やかな演奏会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/27

出水電器西蒲田試聴室の6月度試聴会

20090626izumidenki16月26日の午後、大田区西蒲田にある出水電器西蒲田試聴室で、恒例の試聴会が開催されました。

今回は話題のDEQXを出水電器に導入するにあたり、DEQX発売元の栗原社長の要望を取り入れた、マルチアンプ化に最適なパワーアンプの新製品ALLION S-200のお披露目も兼ねています。
その上、栗原社長自ら島元社長のPCにDEQXソフトのインストールから、測定マイクの設定、スピーカー特性の測定と補正、リスニングルームの特性測定と補正、マルチチャンネル化のクロスオーバーポイントの設定などを、DEQXソフトを駆使して行う様子を1時間半にわたり参加者に公開するというイベントもあり、試聴会常連以外にもオーディオライターの田中先生やPhileWeb運営者でもある音元出版の編集者の方も参加されるというイベントとなりました。
20090626izumidenki2後姿が栗原社長です。

今回もいつも以上に内容の濃いイベントでオフ会とも楽しい一夜でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/25

サントリーホール

Sn3e0022_3
昨日6月24日は、六本木にあるサントリーホール東京都交響楽団の第683回定期演奏会に行ってきました。夕方仕事を終えてから目黒経由でで六本木までの所要時間は約20分。徒歩を入れても30分かかりません。
チケットはネットで予約してあったので、当日引き換え場所で料金を支払い、開場まもなくのホール内に入りました。
Sn3e0024_0001_2
いつも聴きに行く川崎のミューザ川崎シンフォニーホールに比べると壁の木部の色調がやや明るい材で設えてあって、レンコンのような意匠のダウンライトや透明なガラス風の反響版が、まるで美術工芸品のオブジェのように造形の美を表現しているようです。
音の響きは柔らかく聴いていて刺激的なところがなく、東京都交響楽団の演奏も大変素晴らしく、満足したひと時を過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/21

ベランダで朝食

200906201この土曜日は大阪の自宅で過ごす週です。この時期はまだそう暑くないので、ベランダで朝食を摂りました。テーブルクロスを敷いて朝食をセットしたところですが、盛り沢山のメニューに朝から元気が出ますね。
200906202ベランダの水盤や植木鉢にも散水してやると爽やかな風が吹いてなかなか快適です。
200906211そして今日の朝もベランダで朝食。メニューにピザを焼きました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/18

東京都交響楽団

日本の首都である東京には、数多くのプロオーケストラが存在する。
小生が普段良く聴きに良く、ミューザ川崎シンフォニーホールを拠点にする東京交響楽団もそのひとつであるが、たまには違う団体の演奏を聴かねばと予約を取ったのが、この東京都交響楽団が6月24日にサントリーホールで開く、第683回定期演奏会Bシリーズである。
指揮が小泉和裕、ホルン独奏に西條貴人を迎え、曲目は、ストラヴィンスキー作曲、交響的幻想曲「花火」 op.4
R.シュトラウス作曲、ホルン協奏曲第2番 変ホ長調
メインはチャイコフスキー作曲、交響曲第3番「ポーランド」 ニ長調 op.29

最近はアマチュアオケの演奏会が続いていたので、プロの演奏をどのように感じるのか楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/08

スピーカーの吸音シートを張替えた

Rs2512
小生の使用するスピーカーINFINITY RS-2.5は、中高音域がリボンのEMIM(Electro-Magnetic Induction Midrange) 、EMIT(Electro-Magnetic Induction Tweeter)を開放型に取り付けられています。
そしてその周辺には吸音材が貼り付けられていますが、30年も経過してボロボロの状態になっていました。
貼り替えするにあたり選んだ素材は、東京防音のミニソネックス吸音材です。
Tokyobouon1ハサミでカットして両面テープでこのように貼り付けたら出来上がり。
内部配線やアッテネータには手を付けてないですが、吸音材をリフレッシュしただけで音域のバランスに変化が感じられます。しかし、幸いなことに悪い方向には向かってないようです。
落ち着いた頃に調整が必要なら行うことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/07

夏野菜の収穫が待ち遠しい

20090606kateisaien長年続けてきた家庭菜園、単身赴任のため頻繁に草取りができないこともあってマルチシートで畝を覆う栽培方法を実践しています。この方法だと夏場の水管理や追肥管理も容易になって、収量も期待できます。
今年の夏野菜は胡瓜、ゴーヤ、桃太郎トマト、フルーツトマト、オクラ、シシトウ、ズッキーニ、バジル、青シソ、枝豆、サニーレタスと盛り沢山。左には収穫を待つジャガイモの畝もあります。奥のほうには5月連休に定植した胡瓜にゴーヤ、トマトなどが元気に生長しtります。
次回帰宅するときまでには、最後の畝にオクラがズラリと並んでいることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/01

自宅リビングのシーリングライト買い替え

Yamagiwa_g1410_2小生の自宅リビングに取り付けているシーリングライトはヤマギワで買ったデザイン性に優れたものであったが、長年使用していたためにクリプトン球の取り付け部にガタが出てきて、いよいよ買い替えを決断した。
ネットで調べたり、照明専門店を梯子したりしたが、中々小生のメガネに叶うものが出てこなかった。

その条件とは
1.蛍光灯は調光器を使って明るさを調節できないから×
2.オーバーデコラティブなシャンデリアは×
3.プラスチック素材は×
4.今までのガラス製シーリングよりも取り外し、取り付けがし易いこと
5.そして何より、小生宅のインテリアにしっくり合うこと

それでも、そんな製品はすぐに見つかると思っていたのだが、これが意外と・・・・無いんですな(-_-;)

Yamagiwag1436_2結局、今まで使っていたヤマギワのショップで、選んだのがこのシーリングライトG1436である。

ガラス製のシーリングを木と金属でできた止め具をスライドさせて固定する構造で、取り付け取り外しもし易そうである。
今度帰宅したときには、この照明との対面である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »