« 夏到来 | トップページ | コルテオ大阪公演 »

2009/08/02

出水電器西蒲田試聴室の7月度試聴会

小生の使用するFASTアンプの発売元で、1昨年からALLIONブランドのアンプ群を発売している(有)出水電器の西蒲田事務所で、毎月1回のペースで開催されている試聴会が、昨日8月1日に開催されたので参加してきました。

前回6月の試聴会ではDEQXの栗原社長が、ALLIONの新しい200W×2のステレオ・パワーアンプS-200を2台使用したマルチチャンネルシステムをDEQXのHDP-3で構成する、インストール作業を同時進行で見学することができました。

今回はそれから1ヵ月後でもあり、特に変わったイベントはありませんしたが、電源&アクセサリー大全2010で、島元社長の電源工事が大きく取り上げられたこともあって、初めての方もいらっしゃって常連を含め10名余りの参加者で賑わいました。

今回大きく変わったのは・・・クアドラスパイアの4段オーディオラックが導入されたことです。
以前が見るからにプア(笑)だったスチール・アングルで組み立てたラックでしたから比べるのが酷です。
まだ機器をポンと置いただけですが、前回よりも音像の定位がよりはっきりしてきました。

様々なジャンルの試聴CDがかけられましたが、どれが得手不得手と言うこともなく再生していました。強いて言えば弦楽四重奏の響きがもう少ししっとり湿り気のある音がすればと思いましたが、SONYの2ウエイPAスピーカーに求めるのは、ちょっと酷かとも思います。

島元社長自身それは認識されていて、いずれはこの傑作ユニットを活かしたオリジナルエンクロージャーに収めたいと話されてましたので、そのときが楽しみです。

夕方6時に始まって1時間半ほどで試聴会は終了し、東急池上駅前にある居酒屋で恒例のオフ会があり、大半の参加者が参加されて自己紹介や使用機器の話、音楽の話題などで盛り上がり、美味しい料理と飲み語らって最後の名物釜飯で〆るまで、3時間ほどの時間があっという間と感じるほど楽しい時間を過ごして解散しました。

今回も、常連の方が持ってくる試聴CDに刺激を受けました。
51mzr2ywvpl_sl500_aa240_

レベッカ・マーティンの「実りゆく季節」というタイトルのアルバムです。
ニューヨークで活動するシンガー・ソングライターの4枚めのアルバムだということですが、一発で気に入り早速アマゾンで購入です(^^ゞ

|

« 夏到来 | トップページ | コルテオ大阪公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41501/45810082

この記事へのトラックバック一覧です: 出水電器西蒲田試聴室の7月度試聴会:

« 夏到来 | トップページ | コルテオ大阪公演 »