« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/27

だからオーディオは面白い

Img1323_4今回のリフォームをおさらいすると、3LDKマンションの間取りから、南向きベランダに面したリビングダイニングの北側に続く和室を取り払い、廊下部分も取り込んだL字型のリビングダイニングにすることで、ダイニングテーブルのセッティングの位置をキッチン周辺から元の和室部分への模様替えも容易にすることで、オーディオを中心としたリビング&リスニング環境の改善を狙ったもの。
北側2室ある居室とお風呂&台所&トイレなど生活に必要な機能を今回のリフォーム対象としなかったことで、リビングと和室&押入れの家具などを収納しながら、最低限の居住環境を確保して、住みながらのリフォーム工事を可能にしたのです。

そして肝心のオーディオ環境の改善についてですが、これがリフォーム前のオーディオの配置。
Audio1
そして、これがリフォーム後のオーディオの配置。
違いが判りますか?
壁の色は珪藻土に変ったことで光の反射率が上がり、アイボリーホワイトの仕上げにもかかわらずとても明るい壁面になりました。
Audio2
リビングと和室の境目が無くなったことで、右SPのセッテイングを右壁から60センチの距離を確保(従来は30センチ)、SP間の間隔を200センチに拡大(従来は170センチ)、SP背面の壁から60センチの距離を確保(従来は40センチ)。
SPの高さが相当あるために、背面の空間が相当開いているように見えます。
夜になれば、間接照明を多用した雰囲気あるリスニング環境が出現します。
Audio3

再設置当初から、高音域の輝きが増したことを報告しましたが、その後壁面の乾燥がいっそう進んだことでより一層高音域のバランスが強くなっているようで、家人曰く「バランスが日々低音域が少なく高音域寄りになってきている」

小生、これを聞いて嬉しくなりました。
実は、インフィニテイのこのSPは3ウエイ5ユニットの構成で、ミッドのリボンユニットが2個、TWリボンユニットが2個(うち1個は背面)となっており、STWのTAKET-BATProを追加した時に、音のつながりを考えて、ミッドユニットのアッテネータを標準より開放してあるからです。
出過ぎているものを制御することはできても、出てないものを出るようにするのは難しいからです。

今まで引き出せなかった音の色数や表情を今回のリフォームによって、もしかしたら引き出せるようになるのではないか。
そんな期待にワクワクして、週末の帰宅が待ち遠しく感じます。

だからオーディオは面白い!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/10/26

「めいらくアホエン」を試してみた

Ahoenこれは名古屋製酪㈱が創業60周年を記念して設立しためいらく健康と長寿の会が会員に配布している栄養補助食品「めいらくアホエン

アホエンって何(~_~;)という方は、Webサイトをよく読んでいただきたいのですが、『スペイン語でにんにくを「アホ(ajo)」と呼ぶことに由来しています。アホエンの研究の先駆となったベネズエラ(公用語がスペイン語)の研究者に敬意を表し、その名前がつきました。』と説明があるように、にんにくエキスをカプセルに入れたようなものです。

一般的にこのような栄養補助食品(いわゆるサプリメント)の類は、値段が大変高いのですが、これは社会還元のためとして、会員になれば(年会費1800円)会員向けに無償配布するという手法で、破格の低価格となっています。

小生夫婦も年とともに体力の衰えが気になるので、にんにくパワーを体に取り込むjこのアホエン愛用を始めましたが、無臭とはいえカプセルを飲み込むとかすかに「生にんにく」の匂いがして、体に効くような気がしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/25

皇室の名宝展に行ってきた

20091025ueno1今日の都内は昨日から降った雨が午前中残る肌寒い天気。
上野公園の木々も少しづつ色付きはじめています。
20091025ueno2今日は上野にある東京国立博物館「平成館」で開催されている、平成天皇即位20年を記念した展覧会に行ってきました。
20091025ueno3狩野永徳の代表作「唐獅子図屏風」や伊藤若冲の30幅に及ぶ動植彩絵の数々や伝説の鳥鳳凰を描いた代表作「旭日鳳凰図」など見応えあるも名品ばかりでした。
20091025ueno4今日見たのは第1期の展示で11月3日まで、第2期は11月12日から11月29日まで。こちらは正倉院展に関連した宝物の展示もありますが、小生は来週末に奈良国立博物館で開催される、第61回正倉院展を観賞するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/23

坐骨神経痛?の治療薬

Kusuri
先般のリフォームで、家具やオーディオ機器の再配置に慣れぬ体を使ったせいか、思い機材を運んだ後に椎間板の圧迫からくる坐骨神経痛?が再発したので、治療を再開しました。

座ろうとして膝を曲げるとジーンとした痛みが大腿部から脹脛を通りアキレス腱から足の裏まで突き抜けて、足先までは痺れるのには、正直なところ参りました(-_-;)
椅子に座っていても時々痺れと痛みが走るため、集中力がつい足の方に行ってしまい、仕事にも食事にも、勿論音楽観賞にも集中できないのには困ります。

この春に腰を痛めたときは、律儀に1ヵ月半通って快方に向かったので、その後は面倒で夏場は全く通ってなかったことを、医者に咎められました(~_~;)

「今度はチャンと直しなさいよ~」という暖かくも厳しいお言葉には反論なんかできませんm(__)m
先ずは3週間分の薬を処方してもらい、牽引と温熱治療を平行して行い、この薬が無くなる頃に診察を受けることになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/18

リフォーム後のリビングルーム

After3今日は朝からリビングルームの家具や観葉植物の配置や照明器具の取り付けを行いました。
頑張ったおかげで、夕暮れ時にはこのとおり。
オーディオのほうはこれからジックリセッティングをつめていきます。

午後にはリフォーム業者の担当者が来て、工事内容の最終確認とチェックを行い、工事保証書を受け取って、3週間かかったリフォーム工事が、名実ともに完成しました。
制約の多いマンションリフォームでしたが、ほぼ思い描いていた通りに仕上がったので満足です。
床暖房の効果はこれから感じるでしょうが、これから夜のリスニングが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/10/17

リフォーム完了

Befor先週月曜以降、リフォームも最後の床暖房工事のガス器具取り付けと試運転を無事終えて、この週末に全ての内装工事が終わりました。
これが先日月曜の様子。
Afterそして、これが今日土曜日昼のリビングルームの様子。
床材をホワイトオークとし、壁が珪藻土塗り壁となったおかげで、部屋の雰囲気がグッと明るくなりました。

朝からガンバってオーディオの再セットを行いました。
スピーカーの設置場所を大まかに決めただけで、まだ調整なしのセッティングの状態です。
After23週間ぶりに機器に通電し、無事に電源工事が終わった事を確認。
早速音楽を聴きますと、和室の畳と壁が無くなっってエアボリュームが拡大したこと、珪藻土の壁で音の反響が変わったことなどから、リフォーム前に比べて特に高音域の伸びが顕著で音の輝きが増しました。
反面低音域は、スピーカーの設置について側面、背面とも以前より距離を取ったにもかかわらず、顕著な改善は見られていません。
これは今使っているオーディオラックの問題もあると考えられますが、新しいラックの導入についてはオーディオ専用か、それとも今話題の家具のデザインショップでオーダーメイドするか、予算もあるので慎重に検討していきます。
タオックのMSRシリーズなら間違いなく低域の改善が図れるでしょうが、インテリアから考えると、大阪市内四ツ橋にあるDesignGallary CitaCita(デザインギャラリーチタチタ)で三列二段と低めのをオーダーしても、タオック並みの価格ですし、クアドラスパイアと比べると、遥かに少ない予算で無垢のチーク材でオーディオラックが手に入ります。

リフォームが終わっても悩みがまた増えましたね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/10/12

リフォーム開始19日目

20091012aftar1リフォーム開始19日目の今日は月曜日で祝日ですが、職人さんは、珪藻土塗りも1日の養生を経て2日目の作業を開始します。
壁がほぼ乾いてきて、コンセントやスイッチの取り付けが始まりました。
20091012aftar2天井には照明用ショップレールが取り付けられて、幾つかサンプルで借りたスポットライトを取り付けてあります。
20091012aftar3電気工事業者さんには、オーディオ専用分電盤から4回路引いた8スケアのケーブルを綺麗に収めるコンセントカバーを製作してもらいました。
20091012aftar4夕暮れの部屋の様子です。
電源ケーブルの先に取り付けた2口コンセントの位置関係、新聞紙はスピーカーを据える御影石の設置場所を示してあります。
その先の床に乗った三角形のものは、温水床暖房のパイプをマンションの壁面にあるパイプダクトから外に出す構造のため木製で目隠しに取り付けたもので、表面には珪藻土を塗ってあります。
20091012bundenban1ここで、専用分電盤の中をお見せしましょう。
20091012bundenban2屋内の家庭用分電盤の手前から天井裏を隠蔽配線された14スケアケーブルが、上から漏電ブレーカーに接続され、6回路用の市販分電盤に間隔を空けて4回路のブレーカーが取り付けてあります。
ブレーカーのアンペア数は20アンペアで、雑音防止のコンデンサー付き。
ケーブル類は全てツイスト処理されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/11

ねぎ焼きやまもと

20091011negiyakiyamamoto1日曜日の午前中に、大阪十三にあるミニ映画館「第七藝術劇場」で、未来の食卓という映画を観た後に、ねぎ焼きやまもと本店で昼食に名物のねぎ焼きを食べました。
20091011negiyakiyamamoto212時半過ぎの店内は満席でしたが、運良く3組目でカウンターにご案内。
待っている間に注文を取ってくれて座ると程なく目の前の鉄板に熱々のねぎ焼きが出てくるシステムは、永年の経験から編み出されたものだと思いますが、焼くのに時間のかかるねぎ焼きを、効率よくお客に提供する優れたシステムだと思います。
そんな薀蓄よりも、言葉を失う美味さに脱帽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/10

リフォーム開始16日目

20091009befor1先月の9月24日から開始したリフォームも16日が経った週末の我が家の様子です。
この1週間で床には温水床暖房のパネルが敷かれ、フローリング工事も既に終了しています。
天井のクロスも張替えされて、後は左官屋仕事が中心で、既に珪藻土塗りのための下地塗りが終わっています。
リビングには土曜日から始まる珪藻土仕上げの材料が運びこまれています。
20091009befor2オーディオ専用電源の分電盤周りも電気工事業者さんが入って、電源ケーブルの隠蔽配線工事が終えてあり、エアコンも取り外して下地塗りがされています。
20091009befor3出水電器の島元社長に施工していただいた電源工事ですが、オーディオ専用分電盤の4回路からはそれぞれ、フジクラ8スケアでそれぞれJ1ボーでのプレートで対策された2口コンセントが接続されています。
赤いのが200ボルト、残り3回路が100ボルトです。
20091009befor4リビングからキッチンまでフローリングを敷いていますので、養生していない場所ではホワイトオークのフローリングが見えています。
マンション階下への騒音低減対策からL45規格の突板仕上げですので、素足で歩いてみるとソフトな感触で疲れません。
しかし、無垢材ではないので床が暴れるのではとの指摘もあります。
スピーカー直下は御影石で押さえ込みますが、対策が必要なのかはセッティング後に考えましょう。
20091009befor5珪藻土塗りの下地を塗っただけでも、今までのクロスを張っただけの壁とは明らかに質感が変わります。
壁も厚く硬くなり、叩いた時の響きが押さえられていることがわかります。
珪藻土の仕上げ塗りが完成するのが、益々楽しみになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/03

リフォーム9日目

20091003reform11週間ぶりに金曜夜帰宅してくると、和室を解体した天井が再び張られ、押入れを改装したクローゼットの造作も随分出来上がっていました。
20091003reform2工期が延びる原因となった、和室畳下のコンクリートに高さ調整のセメントが塗られ、嵩上げされてフローリング部分とで段差ができていた部分は、綺麗に剥がされて、綺麗にセメントで均されていました。
廊下だったところもリビングと一体になったことで、壁に飾りとしてニッチを作りました。
天井が下がっている部分は元は廊下だったところですが、中に台所とお風呂からの排気管が通っているために、リビング天井まで上げることができませんでした。
そのままでは圧迫感と違和感があったため、意匠を考え斜めに削ぎ落としています。
20091003reform3隣の住居との境となるリビング壁は、防音と壁の振動軽減を考え、9ミリ厚の吉野石膏の石膏ボードを重ね張りしました。
1枚だけの壁に比べると、壁を叩いてもコツコツというだけで、振動が押さえられていることが解ります。
これは、単に厚いボードを1枚張るよりも、重ねて張ったことで防振効果がより高まったのかも知れません。
この上に珪藻土を左官塗りしたらどうなるか、期待が高まります。
20091003reform4当初の工期なら既に始まっていたガス温水床暖房工事に続くフローリング材仕上げ。
部材は予定通り納品されていました。
朝日ウッドテックのネダレス95ニューフォルテ(ハード塗装)のライブナチュラルオークです。
マンション用の防振規格L45等級ですから、温水暖房パネルの敷きこみと相まって、階下への対策も問題ないでしょう。
来週月曜から、いよいよ床の工事に入ります。
来週末に帰宅した時は本来ならばリフォームも完成していて、家具を搬入していたはずですが、それは翌週末までお預けになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »