« 川崎市民交響楽団第171回定期演奏会 | トップページ | YUNDI LI(ユンディ・リ)オールショパンピアノリサイタル »

2010/04/18

春の京都散策

新学期も始まった4月中旬の土曜日。
久しぶりに京都の散策を楽しんだ。
朝早く阪急京都線で河原町まで、そこから市バスで動物園前まで行き、徒歩で10分ほど歩くと、疎水沿いに佇む「無隣菴」がある。
20100417murinan1明治の元勲、玉懸有朋が京都市内に造営した別荘で、1千坪もの庭園は庭師、小川治兵衛が作庭した近代日本庭園の傑作。東山を借景として琵琶湖疏水の水をとり入れた三段の滝から渓流のせせらぎが池に注ぐ庭園です。
20100417murinan2
20100417murinan3洋館は明治31年に建設され、2階はフラッシュ厳禁だったので薄暗く見えますが、壁画には江戸時代の狩野派による「金碧花鳥図」の障壁画が飾られています。
この部屋で歴史上有名な「無鄰菴会議」が開かれています。
これは明治36年、日露開戦直前のわが国外交方針を決めるため、山県有朋、伊藤博文、桂太郎、小村寿太郎の4人によって開かれたそうです。
20100417murinan4
20100417murinan5

20100417nanzenji1そこから10分ほどで臨済宗大本山南禅寺の三門前。
丁度山門の拝観を行っていたので、拝観料を払って上まで登った。
1291年に創建された南禅寺、現在の三門は藤堂高虎が1628年に大阪夏の陣に倒れた将士の菩提を弔うために再建したものものだそうだ。
20100417nanzenji2三門の上に登ると京都市街が広く見渡せ、大文字焼の大の字が山肌に見える。
20100417nanzenji3
20100417nanzenji4

20100417yachiyo1昼食は南禅寺門前にある料理旅館八千代で。
風情ある日本庭園を眺めながら、ここの名物、「雨月物語」から生まれた懐石弁当を食べる。
折角だからと、伏見の酒蔵、山本本家の純米大吟醸「南禅寺八千代」を飲む。
20100417yachiyo2
20100417yachiyo3
20100417yachiyo4

20100417sumitomo1ゆっくり京会席を堪能したら、東山高校横にある野村美術館で、茶の湯関係の美術品を鑑賞。
その後、哲学の道をそぞろ歩きし、白川通り近くにある泉屋博古館で、住友コレクションの近代絵画と中国4千年歴史ある青銅器の数々を美術鑑賞。

白川通りのバス停から市バスに乗って河原町まで戻り、阪急電車で大阪に移動。
日中を久しぶりの京都散策で楽しんだ。

さて、夜はザ・シンフォニーホールユンディ・リのオールショパン・リサイタルだ。

|

« 川崎市民交響楽団第171回定期演奏会 | トップページ | YUNDI LI(ユンディ・リ)オールショパンピアノリサイタル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41501/48131457

この記事へのトラックバック一覧です: 春の京都散策:

« 川崎市民交響楽団第171回定期演奏会 | トップページ | YUNDI LI(ユンディ・リ)オールショパンピアノリサイタル »