« 本日の一枚(Mariza / Fado Em Mim) | トップページ | 麻生フィルハーモニー管弦楽団第51回定期演奏会 »

2010/04/03

本日の一枚(Todo ou Nada / Katia Guerreiro)

Katiaguerreiro_Katia Guerreiro(カティア・ゲレイロ)、Todo ou Nada、2006年9月16日発売、レーベル:Le Chant Du Monde

ポルトガルの酒場で歌われるファド。
日本人の感性にもしっくりくる哀愁のメロディとこぶしの効いた歌声が、小生の心を捉えてしまった。
Marizaに続いてこのKatia Guerreiroも最近聴きだしたファド歌手の一人。
南アフリカ生まれで本職は医者だという彼女は趣味でファドを歌っていたそうだが、なかなかどうして味のある大人の歌い手である。
日本でも演歌は素人歌手がプロ顔負けの歌声を聴かせてくれることがあるが、彼女もそうした経歴から今の地位を築いたのだろう。

1. Disse-Te Adeus a Partida/O Mar Acaba ao Teu Lado
2. Despedida
3. Ser Tudo ou Nada
4. Muda Tudo, Ate O Mundo
5. Minha Senhora das Dores
6. Canto Da Fantasia
7. Vaga
8. Dulce Caravela
9. Quando
10. Menina Do Alto Da Serra
11. Saudades Do Brasil Em Portugal
12. O Meu Navio
13. Talvez Nao Saibas
14. Tenho uma Saia Rodada


|

« 本日の一枚(Mariza / Fado Em Mim) | トップページ | 麻生フィルハーモニー管弦楽団第51回定期演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41501/47992285

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の一枚(Todo ou Nada / Katia Guerreiro):

« 本日の一枚(Mariza / Fado Em Mim) | トップページ | 麻生フィルハーモニー管弦楽団第51回定期演奏会 »