« 突発性難聴 | トップページ | Olive 4HD デジタルミュージック・サーバー »

2010/06/27

小山台吹奏楽団30周年記念演奏会

20100627oyamadaiwo1梅雨の合間の日曜日の午後、JR蒲田駅前にある大田区民ホール・アプリコで開催された小山台吹奏楽団の30周年記念演奏会に行ってきた。
1981年に結成された都立小山台高校の吹奏楽班OB・OGで構成される吹奏楽団。
今年は30周年記念ということで、賛助出演を入れた大編成での演奏会だとのこと。
突発性難聴となった右耳の症状は相変わらずで、オケの演奏会に行く気力は湧かないが、近所でリラックスして聴ける演奏会なので、楽しめるかなと思ってでかけた。
20100627oyamadaiwo2入場料は無料とのことで、1500名近く収容できるホールの7~8割は観客で埋まっていた。
指揮は、OBの木村圭太氏。
高校卒業後に東京音大でテューバを専攻後渡米してインディアナ大学で研鑽を積んだという。
OBという気軽さからか、アンコールでは自身のテューバ演奏も披露していた。
20100627oyamadaiwo3第1部の曲目は吹奏楽のために作曲された3曲。
P・スパーク作曲:ジュビリー序曲、R・ルディン作曲:詩のない歌、R・ジェイガー作曲:シンフォニア・ノビリッシマ。

休憩をはさんで2部は、オーケストラ曲などを吹奏楽用に編曲した作品6曲。
J・ザヴィヌル作曲:バードランド、I・バーリン作曲:ショウほど素敵な商売はない、P・コリンズ作曲:映画「ターザン」よりトゥ・ワールズ、L・アンダーソン作曲:シンコペーティッド・クロック、P・マスカーニ作曲:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲、チャイコフスキー作曲:序曲「1812年」
20100627oyamadaiwo4アンコールはラディツキー行進曲。

いつも聴くオケの演奏と違う吹奏楽団の演奏は、ホール全体を包み込む音の洪水で、時折右耳の音が飽和して共鳴することを除けば、曲目も親しみやすい小品中心で楽しい演奏会だった。

|

« 突発性難聴 | トップページ | Olive 4HD デジタルミュージック・サーバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41501/48734583

この記事へのトラックバック一覧です: 小山台吹奏楽団30周年記念演奏会:

» 「最近、少し耳が遠くなった」とお感じの方には高性能集音器「デカ音くん」をお勧めします。 [高機能集音器「デカ音くん」]
最近、周りの会話の声やテレビ・ラジオ等が聞きとりにくくなっていませんか? そんな方には高性能集音器「デカ音くん」をお勧めします。 [続きを読む]

受信: 2010/06/29 20:21

« 突発性難聴 | トップページ | Olive 4HD デジタルミュージック・サーバー »