« 小山台吹奏楽団30周年記念演奏会 | トップページ | 休日はベランダで朝食 »

2010/06/29

Olive 4HD デジタルミュージック・サーバー

Olive4hd小生が使用しているCDTはYAMAHA CD-R HD1500
400GBのHDDを内臓させ、非圧縮リニアPCMプロセスの録音によってCD音源データをそのまま保存できる優れた機能がある。

その反面、最近脚光を浴びてきているPCオーディオで主流の収録フォーマットであるWAV、FLAC、AAC、MP3などでネットワークオーディオも統合して楽しめるオーディオ機器がなかか出てこないことが不思議であった。

そこに米国製のオーディオ機器Olive 4HD デジタルミュージック・サーバーが出てきて、PCを介さずに使用できるこのオリーブが魅力的に思える。

Olive4hd2大容量2TBのハードディスクドライブを搭載して、インターネッットに接続jできるのもミュージック・サーバーに相応しい。
もしも今のYAMAHAが壊れたらどうしようと思っていたが、これからこのような機器が次々と出てくれば嬉しいな。

本機の規格
型式 オーディオデータファイル再生対応ハイファイ・デジタルミュージック・サーバー
光学ドライブ CD/CD-R/CD-RWに対応
ハードディスクドライブ 大容量2TB
筐体設計 アルミニウム製筐体、自然空冷(冷却ファン不使用)
デジタル出力 S/P-DIF(ピンジャック)同軸出力×1、TOSオプティカル×1、HDMI出力×1(操作画面表示用)
デジタル入力 S/P-DIF(ピンジャック)同軸入力×1、
アナログ出力 (ピンジャック)同軸出力×1(出力レベル可変)
寸法・重量 441W×85H×325D 5.9kg

|

« 小山台吹奏楽団30周年記念演奏会 | トップページ | 休日はベランダで朝食 »

コメント

青フォレさん、こんばんは。
前回のイベントは、突発性難聴で爆音が耳に良くないので、遠慮してました(涙)
目下点滴治療中ですので、次回のイベントも微妙なところです。

生のコンサートは足を運ぶんですけどね(笑)

さて、PCオーディオの魅力はなんといってもネット配信される音楽Dataの再生だと思います。

もし、これがCDやSACD以上の音質で再生される時代が来たら、CDやSACD、DVDAudiなどのメディア再生規格など、ハードメーカーの覇権争いも全く意味を成さない時代になるということです。

あとラストワンマイルまで来ている気もするのですが、そのインフラとして重要なのが、今回取り上げたようなハイファイ・デジタルミュージック・サーバーなんだと思います、

投稿: 椀方 | 2010/07/01 22:26

私は、これと違うメモリープレーヤーを聞いてみたら、まだまだだな~
と思いました。リンのクライマックスDSも聞いてみたらこれは、なかなか良かった。(価格は別にして)
まあーこれはセッティング代と勉強代が入ってますので。
あ、話が変わりますが今度の出水電器のイベントでPCオーディオをやるようですよ。
社長が言うには、メモリー再生をして見たいだそうな。

投稿: 青フォレ | 2010/06/30 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41501/48753089

この記事へのトラックバック一覧です: Olive 4HD デジタルミュージック・サーバー:

« 小山台吹奏楽団30周年記念演奏会 | トップページ | 休日はベランダで朝食 »