« ラダー型スピーカーケーブル導入記 | トップページ | ラダー型スピーカーケーブル導入記(その2) »

2011/02/13

東大寺本坊襖絵完成記念・小泉淳作展

20110213koizumijyunsaku1これは京都にある禅寺、建仁寺の法堂の天井に描かれた双龍図。
描いたのは日本画家、小泉純作氏である。
禅寺の天井には龍が描かれているのが通例となっており、小泉順作氏は建仁寺の他にも、鎌倉にある禅寺、建長寺にも龍の天井画を奉納している。
20110213koizumijyunsaku2そして、今回は奈良にある華厳宗総本山、東大寺の本坊に襖絵を奉納したのを記念した展覧会に行ってきた。
緻密に描かれた見事な蓮池や桜花を堪能し、満足して出口から出たところに売店があった。
20110213koizumijyunsaku3いつもの展覧会ならば、シルクスクリーンや絵葉書が売っているのだが、今回展示してあるのは、何と小泉順作氏の製作した版画の数々が展示してあるではないか。
本物を観賞したばかりでは、レプリカを観ても落胆するばかりだが、やはり本物の版画には力と魅力に満ち溢れている。
20110213koizumijyunsaku4そして、この牡丹の版画に魅了されて購入と相成った。
もっと大きな龍図や般若心経もあったが、我が家にはこの大きさがピッタリ。
20110213koizumijyunsaku5カード一括払いで、展示された一点をそのままお持ち帰り。
早速リビングに飾る。
20110213koizumijyunsaku6我が家に小泉淳作がやってきた。
20110212marytyou00

|

« ラダー型スピーカーケーブル導入記 | トップページ | ラダー型スピーカーケーブル導入記(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41501/50863845

この記事へのトラックバック一覧です: 東大寺本坊襖絵完成記念・小泉淳作展:

« ラダー型スピーカーケーブル導入記 | トップページ | ラダー型スピーカーケーブル導入記(その2) »