« 晩秋の日光を散策する(その1) | トップページ | 晩秋の日光を散策する(その3益子編) »

2011/11/21

晩秋の日光を散策する(その2)

さて、華厳の滝を見てから中禅寺湖畔にある蕎麦屋「新月」で美味い蕎麦を食べてから、再びバスで日光市街へと戻ります。
先ずは日光田母沢御用邸記念公園を見学。
その後、日光山輪王寺の逍遥園を見学。
雨は益々本降りになってきたので、早めにホテルへ向かうことに。
20111120nikkokanaya1今夜のお宿はここ、日光金谷ホテルの本館。
20111120nikkokanaya2金谷ホテルの創業は、もともと日光東照宮の楽士だった金谷善一郎が日光観光に訪れていたヘボン博士(ヘボン式ローマ字の発案者)を自宅に宿泊させた民宿から。
20111120nikkokanaya3
20111120nikkokanaya4別館は、昨年泊まった箱根冨士屋ホテルの花御殿と兄弟の建物であるが、一番歴史ある本館をチョイスした。
20111120nikkokanaya5
20111120nikkokanaya6敷地内には大国山という小山があり、山頂への散策路には不動明王が鎮座されている。
20111120nikkokanaya7夕食はクラシックディナー。
大正時代のメニューを再現したクラシックディナーは、新フランス料理のような斬新さや装飾性は一切無いが、これぞ戦前の正統派フレンチという趣でした。
20111120nikkokanaya8
20111120nikkokanaya9食事後は、大谷石の暖炉を持つバー「デイサイト」でラフロイグを飲む。
トライオードの真空管アンプにKEFのSPから聞こえるケルンコンサートやダイアナクラールに酔いしれる。
20111120nikkokanaya10
20111120nikkokanaya11さて、夜も更けたので、翌日の益子訪問に備えて寝るとしよう(続く)

|

« 晩秋の日光を散策する(その1) | トップページ | 晩秋の日光を散策する(その3益子編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41501/53309636

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の日光を散策する(その2):

« 晩秋の日光を散策する(その1) | トップページ | 晩秋の日光を散策する(その3益子編) »