« PAC管弦楽団第54回定期演奏会 | トップページ | 小林悟朗さん »

2012/09/22

秋の夜長に音楽を聴く

残暑が厳しかった今年の9月もお彼岸になって漸く涼しくなってきた。
ここ一月はベルリンフィルのデジタルコンサートホールを聴く機会が多かったように思う。
でも、秋の夜長に本を読みながらだと、映像のないオーディオで聴きたくなる。

GRFさんに教えていただいたUKのサイトでDISKを物色する。


買ったDISKは、ベルリンフィルデジタルコンサートホールでも見ることが出来る、サイモン・ラトル指揮によるカルメンのコンサート形式の全曲演奏会。


そしてペンタトーンレーベルのブラームス交響曲全集。
クルト・マズア指揮のゲバントハウスによる演奏だ。

先日来の尖閣諸島の懸念か、混迷する日本の政界が問題なのか分からないがこの前まで100円を切っていたユーロが100円台に戻っていて、円貨の価格表示も心なしか割安感が薄れている感じ。

それでも、買った時点で円貨が確定するので安心感もある。
1週間でエアメールが到着して、今日は朝からHDDにリッピング中である。

|

« PAC管弦楽団第54回定期演奏会 | トップページ | 小林悟朗さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41501/55716590

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長に音楽を聴く:

« PAC管弦楽団第54回定期演奏会 | トップページ | 小林悟朗さん »