« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013/07/21

QNAP TS-212導入でNASを構築

R0010057
音楽データをデジタルアーカイブ化して、再生する一つの方法としてネットワークプレーヤー等があり、いずれは拙宅で稼働中のHDDトランスポートの寿命が来るときに備えて、音楽データの安全な保管方法を構築する必要があると考えています。

それには、先ず安全なデータ保管場所が不可欠だと思い立ち、家庭内LAN内でサーバーを構築することに。
NAS専業からスタートし、安定性と使い勝手の評価も高いQNAPシステムのストレージを導入することにした。
R0010058
導入したのは、QNAP製の中でも家庭用に向いていると思われる上、2ベイスロットでデータをバックアップする機能等を満載している、TS-212という機種。
R0010059
推奨HDDの中から選んだのはウエスタンデジタル社製の3.5インチ3TBを2枚。
R0010061
ペーパーの説明書は無いので、ネットで参照しながら行わなければ前に進まないが、組み立ては、至ってシンプル。
R0010062
プラスドライバー1本で組み立ては、慣れれば15分程度。
でも、IPADに説明書を写しながらだと、肝心な詳細が見え難いので心配な面がある。
R0010063
HDDを2枚取り付けて、配線2本を指定どおりに取り付ける。
ここで配線をネジネジして対策を施すことを忘れない。
R0010064
設置場所は、家庭内LANのハブに近い場所にLANケーブルで接続して設置した。
USB Wi-Fi ドングルを使えば無線LANにも対応するとのことだが、とりあえず確実な有線LAN接続ではじめることにした。
R0010065
セットアップの支持に従い、電源スイッチを押すと、後は勝手にHDDのフォーマットやRAID設定を行う。
ここまでは簡単だったのだが・・・・・・
R0010066
QNAPサーバーをコントロールするためのツール「QNAP Qfinder」を導入してログインする。
R0010067
出てきたのはWebブラウザ上で動作する「QTS4.0」というデスクトップ画面。
R0010068
余りに多機能で、取説も無いために未だ使いこなせてません。
更に、PC上のマイコンピューターから、このQNAPサーバーが見えないという状態から抜け出せてないので、この先どうなることか・・・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/07/07

プチ・リフォーム

R0010042
先日来訪されたナグラ研究所所長のCさんのご好意でKORG MR-1000が拙宅に仮遷宮されて以来、御祭りの作法を覆えようと、ひたすら聴き続けた。
先日GRFさんが来阪され、Cさんとともに極意の伝授をしようとの申し出があったときには、所要のためお会いできなかったが、もしもお会いしていたら、本遷宮のための造営の作法をご教授していただこうとさえ、思いつめていた。
R0010047
頭をここは冷やして、今まで気になっていた部分のプチ・リフォームに取り掛かるため、部材を府中家具DIY銘木ショップで調達した。
指定サイズにカットしたブビンガの板と棒である。
R0010048
なぜブビンガにしたかというと、スピーカーの下敷きやHDDトランスポートのボードに使用して好印象だったから。
R0010049慎重に寸法を測り位置決めしたら、後は木工ボンドで固定したら出来上がり。
設置状態はこんな感じ。
R0010051
今までやや不安定な設置で、位置決めもままならなかったSTWが専用台の上のに載せられた。
その効果は、時折気になっていたSTWが存在を消した。
R0010053
ついでに、仮遷宮されたMR-1000の御柱を掘っ立てから、礎石の上に御柱を立てるように、建築様式を進化させた。
R0010050

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/01

タマリンドの花

R0010030我が家のリビングに種から育てた「タマリンド(別名、チョウセンモダマ)」がある。
もともとはアフリカの熱帯が原産で、インド、東南アジア、アメリカ州などの亜熱帯および熱帯各地で栽培され、果実が食用とされている。
原産地では樹高は20m以上になる常緑高木らしいが、拙宅では今2メートル位まで育っている。
R0010029まだ身を付けるまでは至ってないが、今年も綺麗な花を咲かせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »