« シトロエン C5ツアラー その2(内装) | トップページ | ナノコンポ用トランス電源の実力 »

2016/02/16

久しぶりのミューザ川崎シンフォニーホール

20160216_212449月曜日朝から東京で仕事になると、必然的に前泊する予定ができたので、折角だからとコンサート予定を調べたら、ミューザ川崎シンフォニーホールで神奈川フィルハーモニー管弦楽団のコンサートがありました。

20160216_2124502011年3月11日の東北大震災の大きな揺れでホールの天井が崩落してから、長らく工事で閉鎖されていた間に単身赴任が解消して大阪に戻ったので、復興後のホールに足を運ぶのは5年ぶりになります。

20160216_212450_1今回はP席を選んでみました。

20160216_212451パイプオルガンも元どおりに補修されています。

崩落した天井の反射板ですが、美しい響きを取り戻しています。

螺旋を描く観客席の入りは、6~7割といったところでしょうか?
P席でも充分楽しめるのは、こことサントリーホール、そして大阪のシンフォニーホールくらいでしょうか?

|

« シトロエン C5ツアラー その2(内装) | トップページ | ナノコンポ用トランス電源の実力 »

コメント

Bellwoodさん、そうなんです。
足繁く通ったホールなので、日程が合えばアマオケでもよかったのですが。
神奈川フィルのコンサートということで、ベートーベンのピアノとヴァイオリンとチェロのための三重協奏曲が、生演奏で聴くのが初めてで楽しめました。
オペラシティも良さそうですね。
サントリーホールのP席は、最前列だと真下にティンパニがあると最悪ですが。

投稿: 椀方 | 2016/02/18 21:13

久々の…というより、震災復興後初めてのミューザ川崎だったのですね。存分に楽しまれたと思います。

P席ということでは、初台のオペラシティもなかなか楽しめると思います。むしろ、1階席の後半分よりもずっと良いくらいです。サントリーホールのP席はちょっと階段傾斜がきつすぎますね。

投稿: Bellwood | 2016/02/18 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シトロエン C5ツアラー その2(内装) | トップページ | ナノコンポ用トランス電源の実力 »