« 花は咲く・・・(その1)2年ぶりにBellwoodさんを訪ねて | トップページ | SONY NAC-HD1のHDDを容量アップしてもらいました »

2017/03/29

花は咲く・・・(その2)10ヶ月ぶりにGRFさんを訪ねて

(この日記の写真はGRFさんのをお借りしました)
Image_5
さて、2年ぶりのBellwoodさんのお宅を後にして、GRFさん運転のVWCCに同乗した小生はGRF邸に到着しました。
Image_6
先ずは和室に通されてユニコーンを聞かせていただきます。
45度配置されたユニコーンですが、前回と違うのは同じくユニコーン使いのOさんが、パーツを吟味して製作されたDSD音源にも対応するDACが使われていることです。
Image_7
音源はCDですが、出てくる音は拙宅のユニコーンよりも低音域がより豊かで、聴いていて気持ちの良いものです。

拙宅と何が大きく違うかと考えてみると、是枝氏製作の真空管モノアンプとパワーDACを使ったSD05の特性の差が現れているのではと推測しました。
これは機会を見つけてGRFさんと同じ是枝アンプとユニコーンの組み合わせで鳴らされているO氏をお訪ねし、その音を聞かせていただく必要があると感じました。

美味しい赤ワインと肴をいただきながら沢山のCD音源を聞かせていただきましたが、低音域が拙宅よりも「ちょっとだけ」豊なだけで音楽表現では大きな差が生じることについて、「拙宅のはまだまだだな」と感じると同時に、「その差は1年ちょっと?」と希望を感じてもいました。

翌日は仕事を控えておりそうそう長居もできませんので、場所をGRFのある部屋に移動しTroubadour80+TW3による3次元のコンサートホールを体験させていただきました。
Image_8
昨年5月末に訪問した時は届いたばかりのPSD TW3でしたが、それから熟成を重ねて一段とリアリティある音楽を聴かせてくれていました。

音場はスピーカー周囲から後方に向かってステージが広がるよう、自然に感じます。

試しにP席側となるスピーカー後ろ側に回ると、音場はスピーカーの周囲に前後が反転して、まるでP席で聞いているように感じます。
これがリアルに感じる3次元の音場なんですね。
Image_9
GRFさんが最近導入されたMolaMolaのプリアンプに組み込まれているフォノアンプを使ってLPレコードを聞かせていただきました。

レコード再生には不可欠のイコライザーカーブですが、RIAA以外にも録音年代やレーベルによって様々なイコライザーカーブが存在するそうです。
その様々存在するイコライザーカーブのデータ全てを再生する能力を持つMolaMolaですが、操作はタブレットの専用アプリで簡単に行えるようになっている点がすごいところです。
Image_10
早速LPレコードを聞かせていただきました。
レコード再生に有りがちな高域の勝った音ではなく、低音域の最低音までがフラットに再生されるテープ再生のような朗々とした音楽が鳴り響きます。
GRFさん秘蔵の38/2トラックのマスター音源には及びませんが、4トラックテープからDSDファイル化された音源を聞かせていただいているように聞こえます。

このMolaMolaはフォノアンプだけでもすごいですね。
LPレコードなら、テープ音源と違って保管状態さえ良ければ劣化も少ないので、この先何十年もの先々までLPレコードに刻まれた音楽情報を余すことなく再生できる希望があると感じました。

LPは古い機器でないといい音がしないと信じているコレクターの方こそ、このMolaMolaの再生する音を聴いて欲しいと思います。

最後に、今回のGRFさん宅の訪問では今まで入ったことがなかった第三の部屋に案内されました。

そこには、最近導入されたばかりのTOSHIBA製65インチ有機ELテレビが鎮座していました。

家電量販伝でLG電子製の有機ELテレビをチラ見したことはありましたが、正直なところ何がすごいのか余り違いが判りませんでした。
しかし、同じLG電子のパネルを使用していても、画像再生の演算素子や周辺のソフトウエアの差で、これだけすごいものとは思ってもいませんでした。
Image_11
まだまだ高値の花の有機ELテレビですが、値段がこなれてきたら真っ先に導入したいものだと思いました。

今回もたくさんのネジを巻かれたGRFさんのお宅訪問でした。
ユニコーンについては、あとちょっとの差に近づいた気がしましたが、この「あとちょっとの差」を詰めるのは容易ではないことも感じています。
でも、諦めずに前に進むしかないですね。
Image_12
DDDユニットの配線用にジャーマンフィジクス社から取り寄せされた、やや太めになったスピーカーケーブルを持ち帰ったので、この週末はCさんをお迎えして早速繋いでみようと思っています。

GRFさん、ありがとうございました。

|

« 花は咲く・・・(その1)2年ぶりにBellwoodさんを訪ねて | トップページ | SONY NAC-HD1のHDDを容量アップしてもらいました »

コメント

GRFさん、お世話になりました。
伺う度に何か新たな課題が出でくる感じですが、それを一歩一歩クリアするのもオーディオの楽しみです。

翌日は生憎の雨で2軍の試合は観られなかったのですが、仕事の方はコンプリートでした(笑)

今は、早速ケーブルをアッテネータからスピーカー間のを差し替えて聴いています。
土曜日にはCさんにも聴いていただく予定です。

投稿: 椀方 | 2017/03/30 20:52

椀方さん 恒例のダブルへターの長丁場お疲れ様でした。今回はLPのイコライザーの差と、有機ELテレビの新しい画像をご覧いただきました。いずれも最先端の新しい技術で開発されて、アナログ的ともいえる自然な画像と音を再現していました。また、お越しください。次回は、また呑みましょう(爆)

投稿: GRF | 2017/03/30 11:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花は咲く・・・(その1)2年ぶりにBellwoodさんを訪ねて | トップページ | SONY NAC-HD1のHDDを容量アップしてもらいました »