« 2017年2月 | トップページ

2017/03/18

C-FT50導入その後

C-FT50デジタルFMチューナーを導入後は、数十年ぶりに再開したFMエアチェックを楽しんでいます。

Image
エアチェック機器は、アナログの頃はテープを使っていましたが、今回はこのYAMAHA CDR-HD1500を使ってのデジタルダイレクト録音です。
ハイレゾ音源ではなくFM放送音源なので新たにデジタルレコーダーを導入することはせず手持ちの機器の活用です。
Image_2
毎晩のようにFMから流れているクラシックのライブ録音の中から、これはと思うような音源をエアチェックして、録音スキルの向上を行ってきました。
Image_3
その成果はHAP-Z1ESに取り込んで聴いていますが、放送局で最低限の編集を加えられただけのライブ音源から聴こえる演奏の生々しさ。
時には咳払いやクシャミも聞こえますが気にしません。
Image_4
面白いのは、44.1kHz16bitのCD-Rを作製して再生するとCDのような音質になる事。
昔のアナログエアチェック時代のようなテープヒスも無い音質は、流石にデジタルならではですね。

| | コメント (0)

2017/03/05

45度配置に

Image_2
お正月から一カ月余りの間、ユニコーンを壁際に寄せて並行に置いた時は、低音が出るようになって喜びました。
Image
おまけにリビングも広く使えるようになりフローリングの掃除も楽になるなど良いことづくめのようですが、部屋の中程まで出した縦型配置のような立体感はやや後退した感じを持ちました。
Image_3
そこで再び縦型配置に戻して聴き始めると今度は低音が細ったので、アッテネータで低音を+1db増やす調整をして聞いていました。
立体感と低音のバランスはどちらのセッティングでも一長一短ある感じでした。
Image_4
「45度配置にしてみたら面白いですよ〜」というメールをGRFさんから頂いて、「和室で2.5次元の立体感」という感想に、早速トライしてみました。

新聞のチラシを折って45度の簡易三角定規を作り、縦型配置のユニコーンをDDDユニットを軸に回転させ、綿密に合わせようとしたのですが、重いキャビネットを1人で回転移動させるのはそんなに簡単なものではなく、試聴すると音場がおかしくなっていました。

縦置きや横置きのまま位置の微調整をするのは感覚的にやり易いですが、45度の斜め置きのキャビネットを平行移動させるのは大変でした。
それでもコツコツとモノラル音源を聴きながら調整して、聞き慣れた音のエネルギー感と立体感が出たところでステレオ音源に切り替えました。
Image_5
DDDユニットの間隔は185センチ、後方の壁からユニットまで146センチの45度配置は、キャビネット裾のホーン開口部のうち内側から出た低音がスピーカー間に集まるようなイメージです。

出てきた音は横置きと縦置きの良いとこどり。
奥に向かって展開する立体的な音場と豊かな低音が出ています。
360度に放射するフルレンジのDDDユニットの特徴を活かすのは、やはり部屋の中程に置くことですね。
アッテネータの低音増加をフラットに戻して今は聴いています。
Image_6
今はUKのサイトから届いたイザベルファウストのモーツアルト Violin Concertの2枚組み全曲盤が届いたので聴いています。
ファウストの弾くスリーピングビューティがいい音色で部屋の中に満ちています。

| | コメント (2)

« 2017年2月 | トップページ