« HAP-Z1ESの内蔵HDDを2TBに換装しました | トップページ | FMエアチェック »

2018/01/07

今年も金柑の甘露煮を作りました

1d1364c969a249698183f5dc40fe512a

毎年お正月に作るのが習慣だった金柑の甘露煮。
今年はなかなかまとまった量の金柑が手に入らず苦労しましたが、ようやく手に入れることができました。

600グラム入りを2パックで1.2Kgの金柑を仕込むことにしました。
6f8243063d43485394080f9227173526

先ずはヘタを取って水に浸して1時間程度置くと、皮から適度に水分が行き渡り、もぎたてに近い水分に戻ります。
19816578be58473e8e343fb57eb4b519

ナイフでひと粒ずつ丁寧に半切りして、爪楊枝の太い側を使って種を掘り出して綺麗にします。
この作業が一番大変ですね。
272a03b9fcfb4e46805e1a4c6e75d7af

土鍋に金柑を入れたら、焼酎を200cc、日本酒を100cc、水を100cc入れ、グラニュー糖を600グラム上から均等に回し掛け、不織布の落し蓋をしたら、弱火で温め始めます。
6b090a9fe8d348d98efae714f6bf3880

沸騰してきたらキッチンタイマーを30分にセットして、水分が飛び過ぎないように土鍋の蓋を半開きで載せておきます。
59d7ee17f1d34152b061faf8b1e999fb

30分したら落し蓋の下の金柑を箸で静かに撹拌して、金柑が均等に煮上がるようにして、再び落し蓋と土鍋の蓋を半開きに乗せて20分温めます。
8bb5fa8b9f694934bdca726d6409f8e4
金柑の皮が透き通ってきたら出来上がり。

ジャムの空き瓶に熱々の金柑とシロップを詰めたら一旦蓋を閉め、数分後に蓋を僅か二緩め、中の膨張した空気を逃したら蓋を閉めて逆さにします。

10分経ったら天地を元に戻すと、ジャムの蓋の中央が凹みます。
これで蓋の加熱殺菌もできたので、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて保管します。

今年は1200グラムの金柑で7本の甘露煮ができました。

|

« HAP-Z1ESの内蔵HDDを2TBに換装しました | トップページ | FMエアチェック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HAP-Z1ESの内蔵HDDを2TBに換装しました | トップページ | FMエアチェック »