« 4回目の車検とフロアマット更新 | トップページ | 令和6年能登半島地震 »

2024/01/01

2024年 謹賀新年

 

Img_7223

2024年 新年あけましておめでとうございます。

 

長かったコロナ禍を昨年まで幸いなことに感染もせず過ごせました。

これも医療機関をはじめとした沢山の方々が努力された賜物だと改めて感謝します。

新型コロナウイルスは新たな変異株の登場も報告されておりまだまだ予断が許されない状況下ではありますが、ウィズコロナの環境下で常態化した感染対策を守りつつ日常を過ごしたいと思います。

 

ロシア指導者の覇権主義というか個人的権勢欲かもしれませんが、それによって引き起こされたウクライナ侵略戦争は未だ収束の兆しさえ見せておりませんし、支援の流れが滞留すればなし崩し的に自立したウクライナ国家が崩壊するのを目の当たりにする可能性が大になっています。

コロナ禍やウクライナ侵略戦争にアジア各国を揺るがす覇権主義の圧力などの世界情勢の中で、絶対的権威者を頂いた全体主義を標榜する国家が一見して国内状況が安定して見えることで従来多様な主義主張が共存してきた自由主義国家内にもそのような絶対的権威者たらんとする勢力が台頭しつつありますが、これはイデオロギー間の対立というよりも公共の利益と私利私欲の対立という構図に置き換えた方が見え易いかもしれません。

そのような世界情勢の中で日本国内だけは相変わらずの湯で蛙状態。

昨年後半から年末に向かう中でさまざまな不合理・不条理な実態が明らかになってきて、その時代錯誤的で自浄作用のなさに呆れるばかりです。

今年は「物価上昇を上回る賃金の上昇という経済の好循環」の正念場だと為政者や金融政策者は声を張り上げますが、「頑張れがんばれ!」と号令をかけるだけの不作為がもう半世紀以上も続いているのにうんざりしてしまいます。

 

そんなぼやき漫才のごとき愚痴を述べながら、残り少なくなってきた人生を健康寿命の尽きるまで日々を過ごして行こうと思います。

というのが今年の新年の抱負ですかな?

それでは今年2024年も椀方のリスニングルームをよろしくお願いします。

Img_7220

|

« 4回目の車検とフロアマット更新 | トップページ | 令和6年能登半島地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4回目の車検とフロアマット更新 | トップページ | 令和6年能登半島地震 »