音楽

2019/03/03

ツィメルマンの弾くブラームスのピアノソナタ

昨日3月2日の夕方に兵庫県立芸術文化センター大ホールで開催された、クリスチャン・ツィメルマンのピアノ・リサイタルを聴いてきました。
Zimerman
曲目はショパンのマズルカ、ブラームスのソナタ、休憩をはさんで再びショパンのスケルツォという構成でした。

ツィメルマンのショパンは多くの録音を残していますが、ブラームスはコンチェルトはあるものの、ソナタだと若い時代の録音はあるようですが既に廃版になっており手に入りにくくなっています。
Zimerman_brahms_3sonatas
2千人収容の会場を埋め尽くした聴衆の大半はツィメルマンファンの模様で、開演前から異様な熱気で暑く感じるほど。

最初にョパンのマズルカが4曲通しで弾かれました。
最初は何かを探るように、どこかしらおずおずとした遠慮も感じられましたが、徐々にエンジンがかかってくると、ピアノの響きが会場の隅々までに放射されるように活き活きとした演奏に変化していきました。

輝く宝石のような音がピアノから立ち昇ってくるかと思えば、重層的な祈りの響き。
流石にショパン弾きで名を成したツィメルマンだけあって、手慣れた熟練の技を披歴してくれます。
そして、4曲弾き終わるとホッとした安堵の表情を浮かべ、はにかんだような微笑を浮かべながらステージから下がりました。

再び現れるまでファンの拍手が鳴り止みませんが、これは儀礼的なもの。

次に弾かれたブラームスのソナタ第2番が素晴らしかった!
まだ19歳の若きブラームスが作曲家として最初に書き上げたのがこのピアノソナタ第2番で、クララ・シューマンに献呈されたこの曲には、どこかしらベートーベンのソナタのような響きも聞こえてくるようです。

兎に角、情熱的であり、また内省的でもあり、若きブラームスが秘めた恋心をそのまま楽譜に書き写したかのよう。
ショパンのような装飾性に富んだ響きとは一味違いますが、とてもロマンティック。

いつしか、ツィメルマンのピアノと会場の響きが一体化して一つの楽器のように鳴り響き、シンクロナイズしたような一体感を感じるようになりました。

小ホールの室内楽ではこのような感覚はよく起きますが、大ホールでは滅多にないことで、ツィメルマンもこのシンクロナイズした感覚にスイッチが入ったようで、時おり微笑みを浮かべながら素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

一音一音の響きが研ぎ澄まされていくと、普段の生活ではとても聞き取れないような微弱な音やハーモニーを聞き取ることができる。
そのような不思議な体験でした。

休憩後に演奏されたショパンのスケルツォは良く聞く曲目ですが、会場全体がシンクロした状態で聴く演奏を、どう表現していいかわからないほどです。

ツィメルマンもそのような会場との一体感がとても嬉しかったのでしょう。
万雷の拍手とブラボー、スタンディングオベーションに応えて投げキッスを返した後に、ブラームスのバラード集から3曲も演奏してくれました。

演奏会が跳ねた後の高揚した気持ちは何物にも代えがたい宝物になります。
今回のツィメルマン・ピアノリサイタルで、ブラームスのピアノソナタ集を手に入れたいものだと強く思いましたが、廃版故に程度の良い中古を探したいと思いました。
Zimerman_brahms_sonatas
(演奏曲目)
ショパン:マズルカ 第14番 ト短調 op.24-1
ショパン:マズルカ 第15番 ハ長調 op.24-2
ショパン:マズルカ 第16番 変イ長調 op.24-3
ショパン:マズルカ 第17番 変ロ短調 op.24-4

ブラームス:ピアノ・ソナタ 第2番 嬰ヘ短調 op.2
第1楽章:アレグロ・ノン・トロッポ、マ・エネルジーコ
第2楽章:アンダンテ・コン・エスプレッシオーネ
第3楽章:スケルツォ、アレグロ
第4楽章:ソステヌート

休憩

ショパン:スケルツォ 第1番 ロ短調 op.20
ショパン:スケルツォ 第2番 変ロ短調 op.31
ショパン:スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 op.39
ショパン:スケルツォ 第4番 ホ長調 op.54

アンコール
ブラームスの4つのバラードから、第1曲、第2曲、第4曲

| | コメント (0)

2018/12/16

パーヴォヤルヴィ指揮ドイツカンマーフィル演奏会

B625b5cef6d54472bfade6d0159fd0dd
パーヴォヤルヴィ率いるドイツカンマーフィルの演奏会は、室内オーケストラらしい濃密なアンサンブルとフットワークの軽い軽快なドライブ感覚に、胸のすくような爽快感を味わいました。

大編成のオーケストラとは規模も違いますが、基本は作曲された当時の演奏スタイルを取っていました。
モーツァルトではトランペットはバルブの無いものを使っていましたし、コントラバスの弓も古楽用のタイプでした。
弦楽器は対向配置でコントラバスが左奥に、1stVnが8、2ndVnが7、Vlaが5、Vcが5、Bsが3という編成でティンパニが右端、その内側に金管、中程に木管という配置です。

モダン楽器をピリオド奏法で演奏するスタイルは18世紀オーケストラでも聴いたことがありましたが、このドイツカンマーフィルは少しも古色蒼然としたところはなく、むしろ最新のテクノロジーで現代に蘇った往年のライトウエイトスポーツカーののように、キビキビと走る曲がる止まるを瞬時に苦もなく行うハイパフォーマンスぶりを見せてくれました。
一糸乱れぬ演奏というのはこのことをいうのでしょう。

ヒラリーハーンのモーツァルトヴァイオリンコンチェでもそれは遺憾なく発揮されていて、まるでワインディングロードを疾走するアルピーヌのような演奏でした。

メインプログラムのシューベルト、グレートシンフォニーが圧巻の演奏でした。
全楽章を通じて緩急自在に操る御者の鞭に呼応して軽やかにギャロップの足並みで疾走する4頭立ての馬車のようなイメージを思い浮かべました。

| | コメント (2)

2018/06/04

河村尚子ベートーベンシリーズ第1回(PAC大ホール)

771d53583d32419a9b9a98a39d7fc9e9
Dcf3ffa007994059a1386e990d7a3cb0
昨日日曜日のお昼過ぎに、西宮北口にある兵庫県立芸術文化センター大ホールで開催された、表題のコンサートに行ってきました。
当初は一人で行く筈でしたが、知人のH氏がチケット1枚余っているとのことで、マイミクのCさんが恩恵にあずかることになり、思わぬ形でコンサートオフ会になりました。

開場前に待ち合わせをしたところいつものように雪駄を履いたH氏が現れました。
なんと!この1週間は広島の西條の日本酒イベントにはじまり四国各地を回って関西入りしたとのことでしたが、疲れなどどこにも見えないタフぶりです。

H氏とCさんの席はH列の中程やや左寄りでちょうどピアノの鍵盤辺り、小生は一列後ろのやや右寄りでピアノの響きを正面に受ける位置です。

本日のプログラムは、これから2年越しの4回シリーズで行われるオール・ベートーヴェン・プログラム の第1回目となります。
曲目は、前半がピアノ・ソナタ 第4番 、ピアノ・ソナタ 第8番「悲愴」 。
休憩を挟んだ後半にピアノ・ソナタ 第7番 、ピアノ・ソナタ 第14番「月光」 という構成です。

ステージ中央やや前寄りにスタインウェイのコンサートグランドピアノが置かれていますが、既に調律は終えられていました。

新緑のような渋めのロングドレスをまとって河村さんがステージに現れ、演奏が始まりました。
いきなりゴツゴツした硬質の響きと早めのパッセージに度肝をぬかれました。
ベートーベンが楽譜に込めた和音の響きと音楽の構成の意図をあぶり出そうという意図でしようか?
過去何度も河村さんのリサイタルやピアノコンチェルトを聴いた印象では、河村さんは曲のイメージに応じてピアノの響きを自在にコントロールするのに長けていると見えますが、ここまで男性的なゴツゴツした響きとは。

この印象は2曲目の第8番「悲愴」でピークに達します。
とにかく早いパッセージに楽器とホールの響きの収束が追い付かないために、折角硬質な響きでベートーベンの楽譜に込められた構成をあぶり出そうとしているのに、余りに強烈なフォルテッシモの打鍵の強さでその響きが混濁してしまう場面が多々ありました。
このシリーズコンサートは既に関東で数回開催されていますがホールの大きさは千人規模と中規模の会場に対し、今回は2千人規模の大ホールですので、ホールの大きさに応じた響きの収束時間に対応できていない印象がありました。

休憩時間の感想戦でもやはり演奏が速すぎることや、叩きつけるようなタッチに話題が集まりました。
休憩時間にもピアノ調律は行われてませんでしたので、これはピアノのせいではなく河村さんの弾き方だということでしょう。

休憩が終わって後半のプログラムが始まりました。
第7番の冒頭でおや?と驚きました。
音が僅かながら柔らかい透明感のある響きに変化しています。
この曲はニ長調ですので明るさ優しさが表現されているのでしょうが、楽器とホールの響きが綺麗にシンクロしていて柔と剛の対比も見事に表現されていると感じました。
休憩時間にマネージャーなどの関係者から演奏会場での聴こえ方などのアドバイスを受けて対応したのでしょうか?
その印象は最後の第14番「月光」でも変わることはありませんでした。
冴え冴えと輝く月の光の中でモノトーンに浮かぶ広大な湖と湖畔の風景といった「月光」のイメージが隅々まで表現された演奏でした。

曲が終わると一部でスタンディングオベーションが出る程の万雷の拍手がホール内に響きました。
何度もステージに呼ばれた後に弾いたアンコールの前に河村さんからは、このベートーベンシリーズに賭ける意気込みや、出身地であるこの西宮への思い入れと、いつでも暖かく応援してくれる地元のファンや友人達への感謝などで胸が一杯な様子が見られたので、やはり前半のプログラムでは意気込み入れ込み過ぎたのかなぁ?とも思い、次回以降のシリーズも欠かさず聴きに来ようと思わずにはいられませんでした。

アンコールはドビュッシーのベルガマスク組曲から「月の光」がベートーベンの「月光」つながりで演奏されましたが、ベートーベンの冴え冴えとした月光からドビュッシーの柔らかな月の光の朧げな表現に感心しました。
曲が終わり鍵盤の上にかかげた手が降りるまで10秒近くあったでしょうか?
その静寂がまさしく「月の光」の余韻が心のうちに響く時を共有させてくれました。

終わりよければ全て良しではないですが、この静寂のひと時を皆が共有できたのが一番だと感じて演奏会場を後にしました。

まだ16時でしたが夕方には別の会に出席予定のH氏と別れ、西宮北口北側にある居酒屋でCさんとの感想戦に臨みました。
互いに病み上がりとは思えないほど盛り上がり楽しんだ感想戦、Cさんには小生が行けなくなった今週末のアルテミスSQのチケットを託してお開きとなりました。

楽しいコンサートオフ会を過ごしたHさんCさん、ありがとうございました。

| | コメント (2)

2018/04/08

郷古廉&加藤洋之ベートーベンVnソナタ・リサイタル(PAC小ホール)

9f21cadcd67e4d93865309f9f07c7e8e


9be206307652468889035b3c831006ae


5e0a5783cb8d4f5285f192e9761820e1
PAC小ホールで開催される室内楽のコンサートは、ステージを400名収容の客席がすり鉢状に取り囲む形式のため、奏者との距離が近くて適度な緊張感があってお気に入りのホールである。
今日はお気に入りの若手ヴァイオリニストのひとり郷古廉さんが、ベテランのピアノ奏者である加藤洋之さんとコンビを組んで、ベートーベンのVnソナタNo.4、No.6、No.7、No.8の4曲を弾く。
加藤さんはウィーンフィルの第1コンサートマスターであるライナー・キュッヒルさんと長年コンビを組んでリサイタルを行っているとのことで、今回のような若手Vn奏者との演奏会、ましてベートーベンのようにピアノとVnが対等のソナタでは、どのようにリードするのか期待していた。
今回の中でもNo.6、No.7、No.8の3曲はアレキサンダー・ソナタと呼ばれる有名曲だけに、どのように弾くのか期待していた。
郷古さんのVnは個人から貸与されている1682年製のストラド(Banato)どのクレジット。
3メートル程の至近距離で見ると、飴色のニスが色っぽい魅力的な楽器である。

演奏はやはりというか、ピアノの加藤さんが上手くリードを取って郷古さんと会話を重ねるような安定した演奏で、適度な緊張感はあるが手に汗を握るようなハラハラする場面は皆無だった。
欲を言えば郷古さんのテクニックは完璧な上にVnの鳴らし方を熟知しているようだから、もう少し加藤さんとの丁々発止のやりとりを期待したいところだが、ベートーベンを弾くにはまだまだ経験が必要というところだろう。

その証拠にアンコールで引いたシェーンベルクの幻想曲では、Vnの方がリードするように弾いていて、加藤さんはVnの出方に合わせて弾くという攻守の切り替えがとても聴きごたえのあるアンコールピースであった。

帰宅後にベートーベンVnソナタを復習したくなり、手持ちのファウスト&メルニコフによるアレキサンダー・ソナタの3曲を聴いてみた。

E73fa54bda3d44f1b2e0fd3740d71356


229ed4aa516a4e23b938fc4728c497c1

| | コメント (0)

2018/02/17

下野竜也指揮、三浦文彰 Vn独奏といえば

1556b3a71a0745228b82ba175b436c7b

今日はPACの第103回定期演奏会を聴きに行ってきました。
指揮は下野竜也さん、Vn独奏は三浦文彰さんです。
この2人の組み合わせは3年前に、シューマンのシンフォニー&ブラームスのコンチェルトという4回シリーズで、ブラームスのVnとVcの二重コンチェルトを弾いた時以来です。


当時新進気鋭の若手演奏家として脚光を浴びていた三浦さんは、その後着々とキャリアを積んでいるようで、使用しているVnは宗次コレクションの中から1704年製ストラドの「Viotti」を貸与されていることからも判ります。

下野さんが振る時のPACは、いつもビックリするようなパワー溢れる演奏を聴かせてくれます。
特に低弦がしっかりした厚みのある音を出して土台を固めた上にVnや管楽器が乗っかっているのです。
例えればラトルが振るBPOのような厚みのあるサウンドでしょうか。

三浦さんはブルッフのスコットランド幻想曲のVnソロを弾いたのですが、テクニックもしっかりしているし、何よりViottiから出る音楽がとても気品のあるチャーミングな優しい音色でした。
演奏が終わると万雷の拍手で何度もステージに呼び出されていましたがアンコールは無し。

後半はメンデルスゾーンのスコットランドが演奏されました。
PAC定期では以前マリナーさんが指揮した時に聴いた時にはとても快速かつ洗練された演奏だったのですが、下野さんはテンポにメリハリを付けつつも全体をやや遅めで、より重厚で粘りのあるサウンドに仕上げていました。

全ての演奏が終わり、アンコールの為にステージ脇から演奏者が入ってきた時に、下野さんが三浦さんを呼び出しました。
アンコールに演奏されたのは、何と大河ドラマ「真田丸」のテーマ曲です。
そう言えば2年前の放送時にテロップには指揮が下野さんVnが三浦さんだったのでした。
いや~生オケで聴く大河ドラマのテーマ曲もなかなか良いですね。

万雷の拍手の中で、下野さんは三浦さんを1st Vnの末席に座らせて一言。
今年の大河ドラマのテーマ曲も自分が振っているからサービスで演奏しますということで、「西郷どん」のテーマ曲を演奏して演奏会を締めくくりました。

まったくもってサービス精神に溢れた下野さんの指揮振りでしたが、PACメンバーも楽しそうに演奏しているので、ボストンポップスのような演奏会を演っても面白いのにと思いながら帰路につきました。


| | コメント (0)

2017/07/21

ベルリンフィル デジタルコンサートホールの年間視聴契約更新

Image
今年の秋から2017~2018年の新しいコンサートシーズンが始まるのにあわせて、我が家でもベルリンフィル デジタルコンサートホールの年間視聴契約を更新する時期が来ました。
そのタイミングでベルリンフィルかやのダイレクトメールが届き、年間視聴契約の10%割引のオファーがあったので、これ幸いに視聴契約を更新しました。

でもコレってベルリンフィルの術中にハマってますね(笑)


| | コメント (0)

2017/07/01

ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会(ザ・シンフォニーホール)

R0010931
7月に入り梅雨前線が北上して真夏日となった土曜日の昼過ぎ。
阪急中津駅から歩いて10分程、大阪グランフロント横にある梅田スカイビルにやって来た。
R0010930_2
今日は、ザ・シンフォニーホールで開催される、ミヒャエル・ザンデルリンク指揮、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の来日コンサート。

自宅からコンサート会場のあるザ・シンフォニーホールまでの道程を調べてみると、いつも行く西宮北口駅横の兵庫県立芸術文化センターだと駅からつながった回廊を歩いて直ぐだが、このザ・シンフォニーホールは場所が意外と不便で、グランフロントエリアが完全に再開発が終わればオフィスや商業エリアも整備され、そう遠い辺鄙な場所ではないと思うが、今はJR大阪駅、地下鉄梅田、阪急梅田、阪神梅田からだと、徒歩で15分、下手すると20分近くも歩くことになり、意外や阪急中津駅から徒歩が距離的には一番便利である。
R0010932
前回このホールに来たのは、2014年4月にマイミクのノンノンさんとコンサートに行った後は、カミさんの友人に誘われて大阪フロイデ合唱団のコンサートに出かけて以来である。
その後直ぐに色々有ったので、ここでのコンサートを意識的に避けて居たのかも知れないが、丸3年が過ぎて漸くここのコンサートチケットを購入したのだった。
R0010933
席はステージを横から見下ろす、所謂ロイヤルボックスの前列で、このホールでは平土間よりも音響的にも視覚的にも楽しめる座席である。

今日のプログラムはブラームスの交響曲第4番と第1番である。
ブラームスの1番は有名曲であり、来日公演でも多く取り上げられる曲であるが、4番の方は意外とコンサートで聴く機会が少ないと感じていた。
R0010934
偶々、先週はPACオケの定期演奏会でブラームスの4番を聴く機会があったので、若いアカデミーオーケストラの演奏と、ドイツの伝統あるドレスデンのオケとの違いを楽しみにしていた。

結論から言うと、プロ野球の2軍と1軍の違いであった。
個々の団員のテクニックの差はPAC団員が大きく劣っている訳ではないが、こと音楽性というか、音楽で聴衆を虜にする能力が格段に違うと感じた。
アンサンブルの緻密さ音色の豊かさ、色彩が遥かに豊かである。

驚いたことに前半の第4番から後半の第1番になると管楽器群が総入替えになりコンマスも交代すると、オケの音色の傾向がガラッと変わったことである。

ザンデルリンクの指揮は、知性的で抒情性に流されることもなく、かといって冷たいわけではない。
作曲家の意図を、それぞれの楽器を通じて聴衆に理解させる術を持っていると感じた。

トゥッティでもパワー全開ではなく僅かに抑制的な演奏であったが、これはホール空間がややコンパクトなこのホールに対応した為であろう。

演奏自体には大変満足したのであるが、唯一残念なのは聴衆の拍手マナーが無遠慮だったこと。
2曲ともフィナーレでタクトがまだ指揮者の頭上にあり、残響がホール内で消え入ろうとしている最中から拍手をするのは勘弁して欲しいと感じた。

| | コメント (2)

2017/05/28

ハープで聴くアランフェス協奏曲

Image_2
今日のPAC定期は、指揮者に下野竜也さん、ハープ独奏に吉野直子さんを迎えて、ロドリーゴのアランフェス協奏曲(ハープ独奏版)とブルックナー第六番でした。

アランフェス協奏曲といえばギターというのが定番ですから、今回のハープ版というのはどんな演奏になるのか、とても興味を持っていました。

吉野直子さんはロンドン生まれで6歳の頃からロスアンゼルスでハープを学び始め、ローマやイスラエルで開催されたハープコンクールでの入賞や優勝を経て世界の名だたるオーケストラに招かれている実力者です。

プログラムのインタビュー記事によれば、このアランフェス協奏曲のハープ版の楽譜を手に入れたのは1989年より少し前だそうです。

ギターの曲をハープで弾くというのは奏法が全く違うのでどんな演奏になるのだろうと思っていましたが、音量こそギターよりもやや小さいですが、両手の10本の指を総動員した演奏は優雅でそして力強く、弦から放たれる音が同心円状にホールに広がる様子が見えるようでした。

圧巻は2楽章のソロ。
ギターだとビブラートを多用した泣かせる旋律ですが、ハープは音程が弦ごとに分かれていますし基本ピチカート奏法しか使えないので、単調な演奏になるのかと思っていましたが、左右の指を総動員したトレモロが効果的で、とても素晴らしい演奏でした。

バックのオケは人数も少なめなうえやや音量を抑え気味の演奏でしたが、かえってスペインの明るくカラッとした空気を感じさせる演奏でした。

吉野直子さんのハープ演奏。
今度は小ホールでのリサイタルがあれは是非聴きたいですね。

| | コメント (0)

2017/02/05

ベルリンフィルのジルベスターコンサートをBS放送とストリーミング放映を比較視聴してみました

Image_3
小生が契約しているベルリンフィルデジタルコンサートホールはストリーミング放送でベルリンフィルのコンサートをほぼ全て視聴できるサービスです。
開始当初はSONYの大賀さんとベルリンフィルとの関係もあったのか?、PC以外のAV機器ではSONYのインターネットサービス対応TVやHDDレコーダーのみが視聴可能でした。
Image_4
その後SONYの経営危機も影響したのか、Panasonicの放送用機材の売り込みが功を奏したのか解りませんが、現在のベルリンフィルハーモニーホールに設置されている機材はPanasonicに入れ替わり、ネット配信にはIIJが関わるようになり、対応するAV機器にもPanasonic製品が追加ラインナップされるようになっています。
Image_7_2
ブラビアかビエラの新しいインターネットサービス対応TVであれば、ベルリンフィルデジタルコンサートホールのアイコンがプリインストールされているので、視聴契約している方なら視聴ディバイスにTVを追加するだけで、世界最高峰のオーケストラの1つであるベルリンフィルの演奏会の全てのアーカイブがいつでも視聴できるのです。
Image_6
音楽ファンにとっては数年に一度来日するプラチナチケット代金のことを考えれば、遥かに安い金額でベルリンフィルハーモニーホールでの演奏会の数々をいつでも視聴できるのですから、これは嬉しいことです。
Image_5
さて、前置きが長くなりましたが、BS録画したものとストリーミング放送を比較してみました。
BS録画はSharpのアクオスHDDレコーダーで、再生はHDMIケーブルでブラビアTVに接続して視聴ですから厳密な同条件ではありません。
Image_7
画質はBS録画の方がよりきめ細やかで、ストリーミングだと映像が大きく動くと一瞬流れるように見えますが、BSでは追随性も申し分なく奏者の髪の毛一本一本のリアルさに違いが有ります。

音声の質は、両者の音圧レベルに差があり一概に比較は出来ませんが、ストリーミングの方がコンプレッションのかけ方が強く感じ、ホールの空間をより広く感じるのはBS録画の方です。

因みに、同じNHKでも地デジだとストリーミング放送の方が音質が上回って聞こえます。

ただ、これも両者を同時に比較するからわかる程度で、ベルリンフィルデジタルコンサートホールのストリーミングの優秀さが判って、小生はかえって安心しました。
R0010910

| | コメント (0)

2017/01/14

PACオケ 第94回定期演奏会(兵庫県立芸術文化センター大ホール)

4280211313_20160327170045
PACオケの2016年~2017年シーズンも後半に入り、今年初めての定期演奏会は芸術監督の佐渡氏の指揮、藤原真理氏のVc独奏で開かれた。
開演前に佐渡氏のプレトークがあり、熊本地震に対する募金や慰問コンサートへの感謝を、自身も熊本で被災されたという姜尚中氏の挨拶があった。
C2017011301
1月の定期演奏会というのはこのPACにとっては特別なものになっていることはご存知だろうか?
そもそも阪神淡路大震災からの復興のシンボルとして建設された、大中小の3ホールを擁する芸術文化センター。
そのレジデンスオーケストラとして発足したPACオケにとり、1月の演奏会は常に震災で亡くなった多くの人々への鎮魂の想いや、生活再建や復興へと前を向いて歩む人々に対する励ましを、音楽を演奏を通して実現する場になっている。
だから芸術監督の佐渡氏はいつも1月の定期に登壇してこの想いを伝えているという。
Modal_03357_hyogokobello_0005
さて、今日の演奏曲目は、ドビュッシーの小組曲。
これはもともとピアノ曲であるが、同じくフランスの作曲家H.ビュツセルが管弦楽曲に編曲したものが演奏される。
2曲目はVc独奏に藤原真理氏を迎えたハイドンVcコンチェルト第2番。
日本人チェリストとしては、堤剛に続く斎藤秀雄門下の名チェリストとして室内楽やコンチェルトで長らく活躍してきた藤原氏がどんな演奏を聴かせてくれるのか。
Atsuya_iwashita
そしてメインにはベートーベンの田園交響曲である。
第5番の運命が人生に苦しみ悩み格闘する姿とすれば、第6番の田園はいかにも長閑な田園風景を表す表題音楽に例えられている。
しかし佐渡氏の解釈では、運命とほぼ同時並行的に作曲家されていたというこの田園交響曲も、ベートーベンが聴力を失った絶望の中で、明るく広々とした田園風景を描き、心の中に響く田園風景の音を描写したのだろう。
それは、まるで苦しい絶望の生活の中でもそれを微塵も感じさせないモーツァルトの後期の名曲と同様に、明るい田園風景描写の内底にあるベートーベンの苦悩と葛藤の後に達観した精神を内包している、と。

続きを読む "PACオケ 第94回定期演奏会(兵庫県立芸術文化センター大ホール)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧